慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

黒人が白人キャラを演じたら炎上、黄色人種キャラを白人が演じたら炎上、障害者キャラを健常者が演じても炎上しない。(=‘x‘=)

f:id:ipreferlucifer:20170821203204p:plain

- 慎(シン。-

しかし、必ずしも罰になるとは限らない。

目潰しをしても、後々良い義眼があるかも。

実際、そういう事例もあるんだけど。

あるところには。

sin

無人(無知無能の人)

f:id:ipreferlucifer:20170821203211p:plain

- 慎(シン。-

― 昔。

「娘がさぁ、

どれが人工知能

描いた絵か分かるって聞いたら

全問正解したのよぉ。

やっぱ、女は見る所が違うわぁ。

ちなみに、中二。」

「あっそ。」

「え?誰?」

Bang!Bang!Bang!

と、娘を自慢する

松本なんとかっていう

オッサンを、撃ち殺した。

その中二の娘は、虐めっ子だったので、

両目にお気に入りのペンを突き刺して、失明させた。

「障害者をバカにした報いぜよ。」

と、方言萌えキャラな俺であった。

― 今。

現実的に娘を作る気にはならないが、

まあ、(無人)の娘だしな。

無人じゃないけど、

無人っちゃ無人だけど、

無神、って苗字の雑魚居たよね?)

ああ、居たな。

sin

広告を非表示にする

フツー様(気に入らないものを中二病認定する事で自分は中二病ではない特別な存在だと認識したい人達)

f:id:ipreferlucifer:20170820044719p:plain

- 慎(シン。-

(最近、何でもかんでも中二病って言う痛い奴居るけど、

少年漫画とかでもそういうのネタにするじゃん?

純粋な電波キャラって、本当居なくなったよね。

電波は皆中二病で、ただの現実逃避、みたいなさ。

シンちゃんはオタクになりたくてなった訳でもないし。)

OL先輩や後輩に虐められてるOLを助けただけで中二病扱いされた。

(虐められっ子を助けるのは中二病、みたいな風潮はある。)

まあ、中二病じゃない作家なんて居ないけどな。

オタクをバカにしてる評論家も、結局はオタクでしかないし。

(オタクって蔑称を考えた奴もまた、オタクだしね。)

sin

霊(零)

f:id:ipreferlucifer:20170820044719p:plain

- 慎(シン。-

「はあ、疲れた。」

「よく頑張ったよ。」

と、俺の頭を洗う。

その他の体も。股間も当然。

「ああ、歯磨きして。」

「はいはい。」

と、俺の歯を磨く、愛。

「あー。」

その後、一緒の布団で寝た。

――――、そして朝。

米兵による、集団レイプ。

警官による、オタク狩り

そういった、正義を振りかざした悪と

俺は戦ってきた。

しかし、今日は、悪らしい悪が相手らしい。

「あたしだけで充分だよ、お父さんは休んでて。」

俺は不安だったが、娘は無事に、帰還。無双したな、こりゃ。

sin

広告を非表示にする

ロード・オブ・ザ・イシス

f:id:ipreferlucifer:20170514233258j:plain

- 慎(シン。-

ネトウヨって、弱い男みたいな

イメージもたれてるけど、むしろ恵まれてそう。)

弱者は迷惑だから差別されて当然だとか、

差別じゃなくて区別だとか言うからな、

そんな事言う連中ばっかだから、犯罪が無くならない。

それに、虐め(差別)も無くならない。

中には、ネトウヨ化する者も居るだろうけど、

それなら多少の理解はある。

(シンちゃんは本当は死刑を嫌がってないよね。)

牛島ってネトウヨいたけど、

オタクじゃないし、リア充だった。

自分が犯罪者にはならないって確信があるからな。

ネトウヨじゃなくて、ネオナチじゃなかった?)

似たようなもんだろ。

イスラム国もオウム真理教みたいに、

生きづらさを感じてる若者にウケてるイメージ。)

sin

アサシン(ズ)

f:id:ipreferlucifer:20170820222920p:plain

- 慎(シン。-

― 昔。

松本家は、暗殺者に依頼した。

しかし俺に返り討ちにされた。

でも、終わってない。

暗殺者達(暗殺団体)の子孫が、

俺への復讐を目論んでいた。

俺自身にではなく、俺の娘に。

娘が、俺を「パパ」と呼んでいた頃だ。

俺の真似をしているつもりだろうが、

計算が足りない。配慮不足。

まあ、娘はその時から強く、アサシンを返り討ちにした。

sin

広告を非表示にする

オマル真理教

f:id:ipreferlucifer:20170514233258j:plain

- 慎(シン。-

聖オマル教。

健常者団は、パワードスーツを使って戦っていた。

そのバックに居たのが、聖オマル教。

聖オマルは、この世に再び召喚された。

◆(転がされた■)によって。

しかし、目が見えない状態(実は〝浄眼〟だった)だった。

「邪悪な影が見える、シンだな。」

「シンだけど、生きてるよ。」

そして、やたら太っていた。

麻原とかマツコとかみたいに。

「久しぶりだな。」

「予言した通り、私はこの世に舞い戻った。」

「あれから、333年。

お前の憧れのキリストは3日だったらしいぞ?」

「気絶していただけだ。」

ああいうのは笑われるが、俺は笑えない。

まあ、モブにとっちゃ、笑えないから、笑ってごまかすんだけどな。

俺は強いから、ああいうのに負けない。けどモブは違う。

― おまけ。

コミック実写配役について

結局、金稼ぎ目的だから、大勢を相手にするじゃん?

だから差別側が主人公になってしまう。

逆に、少数から搾取するようなやり方もあるけどね。

(めんどくせ~っ!)

sin

広告を非表示にする

ミイラ鳥が三浦に成る

f:id:ipreferlucifer:20170820044719p:plain

- 慎(シン。-

ヒロインズランキングで、

いつも0位を取る、愛。

0位が良いのか悪いのかは、

誰にも分からないし、どれでもない。

そこらへんは、俺の子感。

「今日、腹痛。クソババに怒鳴った、喉も痛いわ。

俺は繊細だから、トイレ中にウロウロされると苛つくわ。」

sin

勝者は決まって加害者、強者は決まって健常者。(入れ替え)

f:id:ipreferlucifer:20170820222920p:plain

- 慎(シン。-

力、強さは美化

されているが、美しいものとは

常に自分以外を醜く見せてしまう。

結局、それは俺と変わらないんだ。

俺が弱すぎて誰しもが加害者になることと。

sin

強者は決まって加害者、勝者は決まって健常者。

f:id:ipreferlucifer:20170820044719p:plain

- 慎(シン。-

―― 健常者軍、瞬殺。

「口ほどにもなかったね。」

「そうだな。」

そうだな、オタク狩り警官の話をしよう。

かなりの、過去編。

コミケに行ったが、

オタクはガラが悪いな。日本のオタクは特に。

と、オタク差別、オタク狩りを正当化する、淵(婦警)。

まるで、日本の男は~と語るみたいに、日本のオタクは~と語る。

で、そいつはたまたま、俺に絡んで、銃殺された。

「ゾンビゲーム好きらしいな?俺は嫌いだけど。」

(オタク自体、差別用語だけどね。)

障害があるだけでオタク呼ばわりされたな、昔。

「ひどい人達。」

「そうだな。」

しかし、■は投げられた。

また、昔のような時代が訪れる危険性はある。

sin

御剣(Michael Sword)

f:id:ipreferlucifer:20170820044719p:plain

- 愛(アイ。-

健常者による、義手義足狩り。

サイボーグを襲撃する事件が、あちこちで発生。

俺は愛のサイドキックとして、彼女と行動を共にした。

ヒロインズ的には非公認だけど。

「我々は、我々の時代を取り戻す!」

と、彼らは原始的な集会を開いていた。

そして、そこに属してる健常者には、

嫉妬を司る龍(レヴィアタン)が取り付いていた。

(シンちゃんは憤怒だから、サタン?)

健常者軍のメンバーは、ジェームズ・スチュワート率いる

ジョニー・ダウニー、シルベスター・フォックス。等

そこに、俺は下っ端のヘンリー・エガートンの首を放り込んだ。

「来いよ、お前ら。」

名前がメチャクチャなようだが、

新時代では大したことがない、ありふれた氏名。

sin

広告を非表示にする

処女狩りの米兵、オタク狩りの警官。(とか、昔殺ってた。)

f:id:ipreferlucifer:20170820222920p:plain

- 慎(シン。-

(対案厨って居るよね。

人間は完璧じゃないから

何かルールを作りたがる。

同時、人間は完璧じゃないのにルールを作る。)

対案を出せとか言ってると、代案を出せって言われるゾ。

他のにしろよ、と。

自分が勝手に言い出しといて、

自分が勝手にじゃあどうすればいいんだと逆ギレしてるわけだし。

逆に、代案厨に絡まれても、仕方ない。

左傾化に限らず、右傾化にしても

ただ変化だけを求めるのはバカ。

まあ、実際は何も変わってないんだけど。

より悪化してたりだけど。)

俺は、内面至上主義だから、

外見が良くても、殺すんだよなぁ。

結局、外見っていかに虚飾かってわけだし。

俺ら無人と違って、人間なんかは

内面の美しさがそのまま外見に繋がらない。

奇形の方が美しい内面をしていたりするのは、事実。

美人なんてクズばっかだぞ、自分の外見に甘ったれた子ばっか。

優しいも何も、その余裕でしかない。

金持ちが貧乏人に恵んだら優しいって言うんだろうけど。

俺は、貧乏人はよく耐えてきたな、って思うね。

むしろ、搾取してきた奴らが返してやってるだけだろ。

不良(虐めっ子)がちょっと優しくしただけで褒めちゃ駄目よ。

あいつら、つけあがるだけだからな。

「大丈夫よ、お父さんはあたしが守るからね。」

(私なんか、シンちゃんは奇形で、

アイくんは美形だからこそ、お似合いだと思う。

世界には、光がある。同時、闇もあるんだって象徴。)

闇って、良いイメージ無いからな。

闇に対して良いイメージを与えると、

老害(ガキ)中二病扱いするからな。バカだから。

あいつらは、克服ってもんを知らない。

(シンちゃんが死刑厨を嫌うのは、

自分が昔そういう過ちを犯したからだよね。

良い人が冤罪で殺されてしまった。)

俺は途中までは普通のヒーローだったけど、

活動をしている内、それじゃ駄目って気付いたんだよな。

(このブログを始める以前のお話。)

知らない奴しかいないけど、

このブログは俺の大いなる物語の極一部。

(一般人にしてみると、かなり複雑化してる。)

冤罪で家族をないがしろにされた

遺族にしてみたら、知った事じゃないよね。。。

(そういうと、エゴ扱い。

理不尽だよねぇ、皆死ねって思うのは当然。)

何にせよ、自称愛国者ネトウヨみたいに、

愛国を語る奴にロクなのはいねぇ。(=‘x‘=)

sin

愛は宇宙を救う

f:id:ipreferlucifer:20170820044719p:plain

- 愛(アイ。- 

娘の胸を枕にして、寝た。

すると、過去の回想のような夢を見た。

― 米軍。

「なんだ、ジャップ。」

「ハハ、チビだな。」

「ジャップ、背いくつ?」

と、2mぐらいあるレイプ米兵達が、俺を嘲る。

「175cmかな。」

すると、笑われた。

「チンコもちっせぇんじゃねぇの?w」

「肝っ玉もなw」

「金玉もだろ!w」

と、米兵Trinity。

「首が疲れるわ、しゃがめよ、お前ら。」

と、俺は命じる。

「兵士って命令されるの好きなんだろ?

マゾっ気あるな、掘ってやろうか?」

とも、付け加えた。

すると、ブチギレ米兵。

「おい、こいつ輪姦そうぜ!」

「俺ちゃん、久々におこだわwww」

オスマンコ出せや、クソガキ。(笑)」

と、俺を取り囲む。

「じゃあ、俺が。」

と、しゃがんで、ジャンプ。

しかし、3人のホワイト米兵はバスケが趣味。

俺のジャンプ力を上回り、出口を閉ざした。

「んな訳ねーじゃん、人間なんて飛び越えられるかよ。」

と言い、そのまま空へ飛んでった。

スリー米兵は、弾き飛ばされる。

「行くぜ!」

そして、俺は、上空から、地上へドーンッ。

3人を、クラッシュした。

「白米、3粒ってとこかな。」

(あや、オスプ。)

危うく、オスプレイされるとこだったって?

確かに、せっかく今日は、痔じゃないんだからな。

sin

広告を非表示にする

Trinity

- 慎(シン。-

障害者のフリをして金を稼ぐ、

二宮、中居、草彅の3人組。

愛は、その3人を、車椅子から蹴り倒した。

それでもなお、障害者の物真似をする、3人。

そこに、俺。

「おい、やめろ。殺すぞ。」

と言うと、3人は大人しく、降参した。

「お父さん、凄い。」

「昔は、ブヒブヒ言わせたもんよ。」

(スカパーで、4時間エロテレビっていう

パロディやってたけど、あれはあれで、キモかった。

乙武さんぐらい呼んでみろ。)

エロゲーでもねぇのに何がエロだ死ね、4時間だけに。

乙武さんとベッキーの子供が、

室伏と吉田沙保里の子供より見たい。)

エロテレビを、グロテレビにした。

俺の周りは、死屍累々。水たまりも、血だまりに。

「ビッチは殺処分。」(パロディのパロディ)

sin

広告を非表示にする

SIN - シン -

f:id:ipreferlucifer:20170820184531p:plain

- 慎(シン。-

「あたしとお父さんは無二の家族よ。

だから、ずっと支えあって生きていこうね。」

娘としても、嫁としても、最高だ。

「いくらでも迷惑かけたって良いの。

あたしは何も迷惑だと思わないしさ。」

甘やかしている訳じゃない。

そのぐらい言わないと、

俺が何もできないから、

敢えてそう言っているんだ。

俺の扱いを一番良く分かってる。

知ったかぶりじゃない。

sin

広告を非表示にする