慎-SIN-

このBlogはFictionです

カワイイ人、カッコイイ人、って、優生思想っぽくて苦手。

(Hitlerとは言わない。Omarとは言わない。

植松とは言わない。それに通ずるものがあるよね。)

「植松聖とか、イヴァンカ・トランプとか、

整形にはやっぱり悪いイメージしかねえ。」

(美容整形であるはずなのに、

やりすぎて醜くなってる女いるよね。

そもそも、化粧もする義務ないから。

女はそういうのに支配されやすい。)

 

AIは恥丘を巣食う

「我ながら、弩正論破。」

(チャリティーだし、別に良いけど、

障害者は頑張らなきゃいけない!ってのは違うよね。)

「普段から障害者TVに出せよ。

特別扱いしなくていーから。

てか、障害者って言うと

身体障害者とか知的障害者イメージする奴ばっか。」

(寧ろ、世間が自閉症に対して閉じてる。)

「つか、首痛い。からの、頭痛。

(誰かが買ってきてた、担々麺とたらこパスタ風の

新発売の焼きそばUFO、不味かった。何あれ?)

「いらん冒険すんなよ。売る側も買う側も。

何度も言わすな。即、捨てたわ。」

(高菜パスタもそうだよね?

余計な物足してきたりさあ。引いたりさあ。)

ファミチキより、ななチキが美味い。

あと、店によって大きさ違うっていう。」

 

本物のフェミニストは、レディーファーストに反対しています。

「マスキュリストも、レディーファーストには反対です。」

(いるよね、彼氏や旦那に父親を求める女。)

ファザコンだよ、本当。」

(求める女、応える男。どっちもどっち。)

「レディーファシスト 。」

 

AKBもそのファンも叩かれる割に、ジャニーズもジャニオタも忖度されてる。

痴漢は袋叩きにされるけど、

痴女はそういう目には遭わないよねってこと。

(ジャニオタは悪くない!

って言い訳する前に、そこを考えようよ。

被害を受けた男性アイドルのケア云々が先だろ?)

「それな。

被害を受けた男性アイドル側の気持ちよりも自分達の言い訳が先なの?

そういう自己中さがストーカー女を増やす。」

(ジャニオタはストーカーやジャニー喜多川が少年達にやったことを責めてるの?

自分達の言い訳ばかり。

本当のジャニオタなら、被害に遭った少年達のケアを真っ先に考えるはず。)

 

またまたジャニオタ女、逮捕。

男性ばかり叩かれがちだけど、

ジャニオタ女のストーカーっぷりは異常。

(男性という理由で叩かれる。

女性という理由で叩かれない。

これはおかしい。明らかな性差別。)

「世の中フェミウヨにびびってんの、ださすぎ。」

 

ストーキングクイーン、刃物女!

➖ 慎と麻理が手を繋いで、

マンションへ帰って来ると、

そこに、またしても、DK(男子高校生)・・・

ではなく、JK(女子高校生)が。

そいつは、ナイフを持っていた。

そして、また、例の台詞。

「麻理さんを返せ!」である

そして、慎へ襲いかかる!

が、ガッ!

と、麻理は刃物女を蹴飛ばす!

慎はナイフをキャッチし、

刃物女の頭にナイフを突き刺して殺す。

「お前はモテるな?」

「あんたも大変ね」

と、麻理。

「あのなあ、ガキども。

お前らが思うような女じゃねえんだよ、こいつは。

「だから、イジメたのは悪かったって言ってるでしょ。」

「許さないよ。償え。一生養え。」

 

英雌(ヒロイン)

『潰せ!』『潰せ!』『潰せ!』『潰せ!』

と、大合唱するアマゾーン帝国民の女達。

➖ すると、ガァンッ!

と、麻理がアイに蹴飛ばされる!

麻理【くっ!】アイ『待たせたね!』

そして、マナがシンをキャッチ!

ドガガガガーッ!と、麻理VSアイが開始!

シンはマナの協力もあって即復活!

マナ『あ、まだ武蔵武蔵武蔵倒してないから!』