慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

天帝(旧世界の天皇以上の存在)

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

ダークエルフによって破壊され、

新たに作り直された、新世界。

そこは、新支配者によって

まさに支配された世界だった。

そして、彼らを抹殺した筈だった。

しかし、人々は、不死身のゾンビとして生き返った。

中には、ゾンビ化失敗して、不完全な者もいた。

更に、その中から新支配者に選ばれた一般人、

レッドドラゴンを思わせる聖&オマルを倒した。

辻褄が合わず、訳のわからない事ばかりが起きる、この世界。

一体、今後どうなっちゃうの!?

そして、いにしえの新支配者〝天帝〟が復活。

sin

罰っていうか戒めかな

f:id:ipreferlucifer:20170514233258j:plain

- 慎(シン。-

それから、アイドルを目指す

若者は、減った。

当然、アイドル声優もいなくなった。

聖&オマル は、救世主とされていたが、

人々が望まない神が、世界に君臨した。

ヒトラーも震え上がる程の独裁を続ける、主人公。

そんな彼の前に、壊滅した筈の〝ヴィラン狩り〟がやってきた。

sin

〝おちゃらけてるから〟

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

「大した演技力もないし、

才能もないのに、知名度と影響力だけはある

そんな美形を売りにしてる奴らは、殺すよ。

見た目が美しいだけなんて何の意味もない。

バカを甘やかす感覚だよ。

奇形は駄目なのに、美形はいい。

そのような偏見を持った社会への

罰だと解釈していいよ。

美女は見世物で消耗品、

奇形と違ってずっとは続かないしな。

そのくせに一時期でも注目されるのは勿体無い。

あいつらは、時間の無駄だ。」

俺は女優の名前とかをよく知らないし、

殺した奴らのことも全然覚えていない。

sin

総勢結構死んだ

f:id:ipreferlucifer:20170514233258j:plain

- 慎(シン。-

両雄(聖&オマル)を失った世界。

慎は再び、殺戮を繰り返していた。

彼は、『美人モデル、アイドル、女優、女芸人を殺す』と予告し、

皆殺しに。芸能界は、消滅した。

sin

広告を非表示にする

熾の天使

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

目にまつ毛がよく入る。

よく、眉毛も抜ける。

不便な体だ。

と、今日も、鏡に向かう。

(いつ、どうやって、どこで、自殺しよっかな。)

と、こんな下らない世界観からの脱出を考えていた。

死んだら終わりじゃないという人が居る。

しかし、死んだら終わりである。

自殺するしかない。

他にも方法はあると、皆言う。

いや、自殺することだけが、唯一だ。

(殺意を我慢しててカッコイイし、カワイイよね。)

sin

広告を非表示にする

虐めっ子は死刑

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

(学者でもなきゃ天才でもないから、

この世のほとんどの人間は要らないけどね。

美形だって、そんなにいない。奇形ほどじゃないけど

あと、シンちゃんは安楽死を否定してないよ。

ただ、障害者だけをとは考えていない。理由は様々。

犯罪者だけを死刑にするっていう人じゃないから。

大体、安楽死って言葉の意味を理解してないよね、聖糞。)

〝新支配者〟は、社会を大いに皮肉った話だな。

(そして、誰も居なくなる。)

動物なんか生きる為に生きてるけどな。

(人類は外道。)

新人類を生み出す事も否定してないよ。

ただ、そうすれば、今度は世の健常者が障害者扱いだろうさ。

まさに、新支配者での事。

(犬や猫こそ、ただ養われてるだけなんだけどね。

どうせ障害者を人間扱いしてないんなら、

犬猫に対するような愛から見出す努力をして欲しいね。)

ボルトなんかもただ走ってるだけだぞ。

それだけで英雄視される。

(無意味だよね。)

勝手に見出しただけ。

全てはそれだけにすぎない。

sin

広告を非表示にする

聖&オマル

f:id:ipreferlucifer:20170514233258j:plain

- 慎(シン。-

(大勢の為に少数こそが我慢を強いられ、

虐げられてもそれでも生きるしかない世界。

むしろ、シンちゃんは勇気なんだけどね。)

俺は殺戮者だ。

でも生まれたんだから、生きたって良い。

でも、聖&オマル、おめえらは俺が倒す。

(悟空は無職ってネタにされてたから、

働き出して、有職賛美発言してたけど、寒すぎる。

のび太が0点採らなくなったら・・・おしまいだぁ。)

まあ、どんどん大衆に媚びて、

最後にはAIで理想的な物しか生み出さなくなる。

いや、あんたらにとっちゃ良い事だろうね。

まあ、俺には関係ないけどね。

どうせあんたらに殺される。

ターミネーターというより、センチネルだね。)

世の中の作品ってさ、なかなか重度障害者を主役にしたり

カッコイイ描き方をしないのは、大衆文化イエーイだからだよな。

優生思想。だから俺はお前らを消す。

(売れないものを作らない。

働けないなら死ねだからね。

ヒトラーは世の中の擬人化。)

俺には全員がヒトラーに見える。

「もういい・・・どうでも・・・くだらん・・・」

俺は何をしてもいい。あんたらをいつでもブッ殺してやる。

――――― で。

俺は、外出した。

そして、大暴れした。

荒らしまくった。

現実/虚構、どんな世界でも。

聖「ほらな。障害者は復讐の虜らしい。」

オマル「だな。最低の人種だ。」

と、軽蔑の眼差しを向ける、龍人族。

聖「甘えてんじゃねーよ。」

オマル「逃げ腰野郎が。」

と、俺を煽る。

「お前らがそんなんだからだろうが。」

煽られる俺もまた、アホだな。何やってんだよ。

聖「他人をモブ扱いしながら、お前も「」じゃん。」

オマル「マジでそれ。」

「敬語使えよ。」

聖「お前は尊敬に値しない命だ。」

オマル「生きる価値が無い。」

聖「害児が天才になる事などごく稀。」

オマル「少なくとも、お前じゃない。」

「俺しかいない。」

聖「いや、お前はねーよ。」

オマル「とっとと殺そう。」

聖とオマルは、銃刀を俺に向ける。

聖「世間様(家族やご近所さん)に迷惑かけてたんだろ?お漏らし。」

お前らもな。

オマル「私たちは、社会には感謝されている。」

聖「僕らは弱者という社会の癌を駆逐する。英雄だ。」

アメリカでは、加害者遺族も、同情に値するんだっけか。

「(シンパンチキック)」と心の中で言い、

2人を殴り&蹴り飛ばした。しかし、「0発」。

だからこそ、星にできた。

サラマンダーとニーズヘッグだっけ。

青龍、レッドドラゴンの下位互換だったぜ。

sin

広告を非表示にする

ゼロケンロル

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

(シンちゃんって、

ニッチどころじゃないよね。

ヒルってとこだよね。)

大勢ではなく、少数にすらウケない内容だよな。

でも、だからこそ、大事なんだ。

今だけだからな。自分にすらウケてないけど。

(虚無的俺、カッコイイよ。カッコよすぎるよ。)

親父や弟はジャンプ的な内容が好きだけど、俺は大嫌いだね。最低。

(シンちゃんの朴李ばっか。)

作家(読者)皆殺しにする話は俺がそれに業を煮やしたからだよ。

(裏テーマ多いね、深いなあ。)

飼い犬や猫にも言われた。

人は猿と同じだから、まあ、察してくれ。

sin

広告を非表示にする

ニッチな層を蔑ろにしてる作家は俺のようなカリスマにはなりえない

f:id:ipreferlucifer:20170514233258j:plain

- 慎(シン。-

(作品はより多くの人にウケるべき、

みたいな作風って、結局は多数決っていうか。

私は打ち切られる事すらないような

作品を好きになる傾向にあるから、

そういうのはう~んってなる。

結局、シンちゃんはネット向きの作風。)

風を感じる。俺を、ただの無職の障害者に仕立てている風を感じる。

大勢の為に犠牲になれという声が聞こえる。

聞こえない筈の右耳に。

(天才詩人だなぁ。本当。

このセンスが分からない世間が悪い。)

俺は悪くない。俺は善。

(全部、社会の所為。世界が悪い。シンちゃんだけが善。)

sin

(※超訳済み。)

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

『2人とも、ありがとう!』

『無職の障害者は生きる価値ナシ』

『両雄に拍手だ』

メディアは、彼らを褒め称えた。

―――― 両雄だと・・・。

JK「聖様かっこいい。」

OL「オマル様も可愛い。」

と、世間は狂っていた。

やはり俺は正しかった。

しかし、しぶとく俺が生きている事が

噂になり、世間は俺を袋叩きにした。

でも、やっぱり、後ろめたい訳よね。実際。

空気を読まない事も大事だな、

だからこそ俺は虐めに反撃できた。

sin

広告を非表示にする

レイシスターズ

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

赤い它(赤い竜)と契約し、

龍人族となった、レイシストコンビ

植松聖&オマルマティーン。

聖「ニートにします?」

オマル「ホームレスも殺ろう。」

オマルと聖は、次に、無職の人々を呪殺した。

龍人族の呪術で。

聖「ククク、あはは。」

オマル「カカカ、わはは。」

と、高笑い。

その後、2人は、ヤクザ(ギャング)の元へ向かい、抹殺した。

sin

広告を非表示にする

叛逆者/復讎者

f:id:ipreferlucifer:20170514233258j:plain

- 慎(シン。-

(植松聖 より、池永チャールズトーマス の方が

イケメンだし、テッド・バンディはもっとカッコイイ。)

どれも、俺に比べると、不細工だなぁ。醜いぜ。

(そりゃそうよ。)

健常者/有職者 を、皆殺しにする。

TVに出てる、高学歴エリート もだ。

(世の中の作品は、無職差別してるからね。

低学歴より、高学歴の方が贔屓にされるしね。)

俺は、無職(ヒモ/ニート/ホームレスなど)を狙ったりしない。

あいつらのような小物とは違う。

無職は無職でも、ヤクザを抹殺したのだって、

〝志〟への復讐にすぎない。それに、警察も殺ってる。

sin

広告を非表示にする

消えた世界はもう戻らない

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

健常者、多数派、強者。

それらを抹殺した。

俺の信条は、弱きを助け 強きを殺す。

仮面サトシー、お前は強いよ。

けど、俺はもっとお前ら以上に強い

(さすが、シンちゃんマン。)

学校も会社も、やっぱ社会はくだらねぇわ。

むつやんの30人殺しは、

まだむつやんは社会に迫害されてるから良かった。

そのやらおんとかいうサイト、何が言いたいんだ?コメ欄も臭い。

sin

指を鳴らせば世界が消える

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

指パッチン。

世界を、再消滅させた。

ダークエルフが消したけど、

再び再現し出した世界。

俺が消した。

この世なんか要らない。

何もかも、悲劇だ。

そして、俺の哀愁タップリ復讐劇だった。

sin

新支配者(The Great New Ones)

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

神、英雄、救世主。

俺はそれらを超越した。

(マーベルのキルズシリーズは、

モブ殺しを見落としていた。

しかし、シンちゃんは、モブを裁く。

DCの某蝙蝠男よりも、法を超越して。

けど、決して、ヴィランじゃない。)

俺は、超越者なんだ。

訳が分からないとかいう連中は、

自分らのバカさを俺の所為にしている、

痛い連中だ。そういう奴らは全員消す。

許せないからな。

sin