慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

家族がただの邪魔になる瞬間

f:id:ipreferlucifer:20171116160422p:plain

- 慎(シン。-

― ユウ。

ユウは、慎を虐げていた。

一方で、友達や家族、恋人には優しかった。

彼は身内贔屓がすごいのだ。

あと、メディアでは割と良い人そうに振舞ってる。

ファンの中では彼がイケメンなので

オシッコは知らないけど

ウンコしないとか思ってる人も居たけど、

サイボーグ化してからはそれが実現した。

ファンの願いがそういう形で届かれるのは困るなあ。

(オシッコはいいけどウンコはだめで、

チンコはいいけどマンコはだめ。

つまり、マンコはウンコ。

ウンコはマンコ、スカトロ性癖はそれに気付いただけ。)

sin

サイボーグ003(Cyborg Trinity)

f:id:ipreferlucifer:20171012061046p:plain

- 慎(シン。-

― 《英雄》&《勇者》になる過程。

・慎に刺されてユウ死亡

ヴィランズが彼の死体にナノマシンを転送

・サイボーグ化

・ユウは親友のヒロが慎に殺されたので、ナノマシンを注入。

・ボルトことヒロもユウと同じようにサイボーグ化した。

・ライトこと野田(ノダ)も、同じく。

・野田は慎によってバグって暴走した為、妃が処理。

(松本は黒神とカブるので無力で無かった事にした)

sin

テレビ弁慶

f:id:ipreferlucifer:20171012061046p:plain

- 慎(シン。-

― オシャレな若者特集。

そこに、ヒロやユウが出ていた。

インスタで彼らはオシャレだと話題になっていた。

「ふ~ん」

慎が念じれば、フォロワー数などを0にできる。

しかし、彼らも同じこと。

サイボーグ(ヴィラン)なので、

少し念じればそれくらいできる。

まあ、原理は違うけど。

彼らは科学的な原理だ。

慎のは魔法とも違う。

「そういやこいつら

シューティングゲーム大会で優勝してたな。

キモオタはどっちだっての。

ゾンビ(アンデッド)に改造してやろうか!」

慎の書いた〝Pcyborg〟や〝Nombie〟は、それらのパロディ。

sin

広告を非表示にする

天才は傲慢なもの

f:id:ipreferlucifer:20171116160422p:plain

- 慎(シン。-

― 人類が自滅した世界。

人間工場や人間牧場のある世界では、

野生の人間の個体数を計測るために、

特殊なタグをつけたりしていた。

俺の居た世界では、それを

生態不明の生物や珍しい生き物なんかにそうしていた。

その世界のゴミ箱を覗くと、

食べ残しの人肉とか普通にあった。

「~♪」

慎は、才能ある研究者たちの

肉体を人体実験に使っていた。

sin

広告を非表示にする

2人の姉

f:id:ipreferlucifer:20171116160422p:plain

- 慎(シン。-

― 2人の姉。

慎は、ヒロとユウの姉にしゃぶらせていた。

「あー、いいよいいよ。」

名前は、忘れた。

(どうでもいい。)

彼にとっちゃ、あいつらの姉なんて、

ただの精液便所だ。

「じゅぼじゅぼ」

「ずぽずぽ」

次回、ネオビスマルク✖ネオヒトラー。

sin

広告を非表示にする

無性愛 ~ 恋なんてしない ~

f:id:ipreferlucifer:20171119084359p:plain

- 慎(シン。-

― 女優に厳しい。

「処女の役ばっか演じてるけど、実際ヤリマンだったな。」

未華子や優を、殺した。

その後、すぐに、その手でオナニーをした。

アイドルと握手した後にその手でオナニーする、みたいな。

「おっおおうっ」と、気持ちよさそうに。

(同性愛者や無性愛者が恋に目覚める!

みたいな差別的なドラマとかそろそろありそう。)

sin

殺す(消す)シリーズ

f:id:ipreferlucifer:20171116160422p:plain

- 慎(シン。-

・虐めっ子(不良)を殺す

・非童貞非処女(ビッチ)を殺す

・美人(美形/美男美女/イケメン)を殺す

異性愛者(ヘテロ/ノンケ)を殺す

・健常者(迎合した障害者を含む)を殺す

・高学歴(エリート)を殺す

・有職(サラリーマン/OL)を殺す

・天才(学者)を殺す

(などなど)

sin

みんなのヒロイン

f:id:ipreferlucifer:20171116160422p:plain

- 慎(シン。-

― 隕石。

世界各国で隕石の

目撃情報が、多発していた。

そして、地球に再び迫る、巨大隕石。

それを事前に予知し、妃は宇宙に来ていた。

そして、隕石をワンパンで破壊した。

「チッ」と、地上では慎が舌打ちした。

彼女は、「みんなのヒロイン」として崇められた。

(見た目は悪魔っぽいけど?)

「それならバットマンデビルマンもそうだろ。」

sin

広告を非表示にする

メイドル

f:id:ipreferlucifer:20171012061046p:plain

- 慎(シン。-

― 本来のメイドには興味ありません。

慎は、ボーイッシュな美少女/石川を、殺した。

彼女は、アイドルにして、メイド喫茶で働いていた。

告白したが、断られたので、やむを得ず、殺した。

「石川・・・残念だよ・・・」

と、涙を流していたとさ。

ネオヒトラーは美少女キャラだったけど、

本当にそういう計画あったんだよね。

もう殺したけどな、あいつ。

(女体化して犯すって、一時期やってたね。)

掘る方が好きかな、最近は。

掘られ済みだったら、殺すしかない。非処女は死ね。

sin

広告を非表示にする

犬噛

f:id:ipreferlucifer:20171118193637p:plain

- 慎(シン。-

― 旅行先の宿にて、絞殺。

グググググ。

と、麻理の首を絞めていた。

その表情は彼女を憎んでいた。

愛おしそうに殺すとか、

そんな事はなく、普通に、異常に、憎んでいた。

「くっぐぐっ死ねぇっ死んじまえぇっ」ギリギリ

歯を獣のようにむきだしながら、そう言う。

しかし、麻理は慎の手を優しく握った。

すると、慎も手を緩めた。

― その後。

慎は、石手県にある妃神山を、

破(パー)で吹っ飛ばした。

そして、自分たちの住む、

徳岡県へ飛んで帰った。

sin

広告を非表示にする

砂糖と果糖

f:id:ipreferlucifer:20171116160422p:plain

- 慎(シン。-

ー スマフォイ。

弱者男性差別ってなんだよw

じゃあおまえは強者男性差別だなw

と、スマホで打つ、高校生/佐藤 優(勝)。

Twitterに、それを投稿しようとすると。

「何?」

と、慎が声をかけた。

「あっえっいやっ」

ボゴォッ。

「死ねよ、スマフォイ。」

と、慎は佐藤の胸を殴っていた。

「げ、げぼぉっ(吐血)」

佐藤の心臓を衝撃波が貫き、

佐藤の心臓が破裂し、死亡。

それを見た周囲の一人/加藤 健(敬)。

それを撮影し、YouTubeにアップしようとていた。

が、スマホが使えなくなる。

「あれっ?」

すると、慎は「バンッ!」と、

スマホを爆破させ、破片で加藤を殺した。

さすがに、見物していた連中も、逃げ始めた。

「バババババババババンッ!」と、乱射し、全員射殺した。

「フーッ!」と、指から出る煙を吹き消す。

sin

広告を非表示にする

痴漢やレイプ魔を援護するのを胸糞とか言ってる連中こそ胸糞悪い理由(弱者男性差別へのツケではないか)

f:id:ipreferlucifer:20171116160422p:plain

- 慎(シン。-

― ふぅ。

慎は、世界を滅した。

「俺、強すぎ?」

sin

悪の組織(ヴィランズ)

f:id:ipreferlucifer:20171029132605p:plain

- 慎(シン。-

― 対決。

「殺したと思ったのに。」

意外。

ヒロ『終わったと思ったか?』

ユウ『まだ終わらんぜ?』

サイボーグ兵士たちの中には、

英雄ことヒロや勇者ことユウも居た。

「またお前らか、しつけぇんだよ・・・退~けッ!」

2人を、破壊(パー)で瞬殺した。

今度の、今度こそ、終了。

「許せねぇ・・・」

そして、乙武や青山もいた。

やはり、破(パー)。

「畜生ぉ・・・」

慎は、お偉いさん方を

テレパシーで探した。

妨害装置を破壊し、見つけた。

「テレポート。」

そして、お偉いさん方の目の前に出現した。

「お前らがやったのか」

しかし、そのお偉いさん方も、

悪の組織(ヴィランズ)の下っ端にすぎなかった。

「今までヴィランをヒーローに仕立てて来たのはお前らか」

「初めからヒーローなどいない」

sin

Cyborg Forces

f:id:ipreferlucifer:20171012061046p:plain

- 慎(シン。-

―サイボーグ部隊。

健常者に迎合し、

障害者からサイボーグになった者たち。

彼らは、慎を殺す為に、送り出された。

『慎を発見した』

『今行く』

と、彼らは機械なので、

テレパシーが出来る。

(裏切り者どもが。)

と、慎はキレていた。

クズって図太いから人脈とかあるよね

非童貞リア充イケメン健常者にはクズが多い。

sin

広告を非表示にする

慎の見えざる拳姦(シンインビジブルフィストファック)

f:id:ipreferlucifer:20171012061046p:plain

- 慎(シン。-

― 信者たちの逆襲。

修哉の時と同じように、

その様を秀秋のアカウントにアップ。

『見えざる拳でフィストファックなうw』

すると、信者たちが同じように発狂した。

『待ってろよ慎、今度はお前が殺される番だ!』

『なあなあ俺達で慎掘ろうぜ』

『慎死ね死ね死ね死ね慎だけに死ね』

『痔持ちのケツマンコ皆でフィストファックしようぜ』

『くっ俺の右腕が・・・

慎のケツマンコをフィストファックしたがっている・・・

静まれ・・・静まれ・・・』

等と言う連中のスマホを爆発させ、彼らを殺した。

sin