読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色情霊除霊会

- 慎(シン。- 慎:む。 慎は、盗撮されていた。 慎:何見てんだよ。 海外のNTR系AVを同時に何本も見ていた。 エリートすぎるだろ。(・(ェ)・) しかし、そのAVは、呪いのAVだった。 色情霊的ウイルスらしい。 正直、ビビッた。 画面から、貞子じゃなくてジョー…

鳴かぬなら、静かでいいや、ホトトギス。

- 慎(シン。- 「僕ってSINの良心だなぁ。」 (幼少期のシンちゃんがモデルだからね。) 「ガキで良いじゃん。」 sin

愛は死んだ。

- 慎(シン。- 中二病じゃなくて、 無二病だから、へこたれません。(・(ェ)・) sin

丸くなったり、尖ったり、ペンみたいな。

- 慎(シン。- (最近のロックは、モテたいだけだし、仕方ないよね。) まあ、ロックスターも愛が大事とか言ってるけどね。 慎:うるぁっ。 と、ラッドやワンオク等(最近のロックバンドの連中)を抹殺した。 ギターで、撲殺した。(・(ェ)・) 「現代では鋭利すぎ…

ゼロックスター

- 慎(シン。- ようするに、シンは、 過去のあるジョーカー。 最近の犯罪は、英雄気取りが多すぎる。 ヒトラーや麻原の真似をしたような、 ドゥテルテとか植松とかもそう。 宮澤や池田。 人の共感の範疇を超えてないカス共。 なんだかんだ、常識人に媚びたザ…

地獄の英雄。

- 慎(シン。- 犯罪者の魅力を語ると、 不謹慎だと思われるようだが、 彼らには普通には無い魅力がある。 そして、救いがある。 ネオ麦茶は酒鬼薔薇にある種救われたし。 酒鬼薔薇もゾディアックとか好きだったし。 正常や普通に支配されたこの社会で、 虐め…

※無罪だし。

- 慎(シン。- ハーフだけに真っ二つとか、 彼らしくない。 慎:最近は魅力的な犯罪者が居ない。 パンピーに媚びてるからな。 慎:英雄や教祖になろうとしてる連中が多すぎる。 (麻原もそうだよね。) 慎:まあ俺もそこまで自分勝手じゃないけどね。 sin

ハーフ化

- 慎(シン。- トランプを援護した、 アメリカ系日本人のハーフモデルが、 慎により、真っ二つにされ、 片方・・・半身、アメリカに放られた。 フィリピン系日本人のハーフ芸能人なんかも、同じく。 最近多いからな。(・(ェ)・) (今度はハーフが持て囃されるとっ…

人肉のサラミ

- 慎(シン。- 食べるタイミングは、バラバラ。 家族だからって、合わせたりしない。 「父さん、絵柄がよく変わるね。」 慎:幾つもの絵柄を使い分けてるんだよ。 デッサンがどうとかのたまう連中は、滅び去った。 sin

恐竜マンは皆さ。

- 慎(シン。- タブー。 それこそが鍵である。 人体実験も食人も。 NOと言うのは、弱音だ。 池永 聖(恐竜マン)は、 人体実験を受けてから食人を始めたな。 実は、サイボーグでもあった。 呪われてるし。何か設定が多いとことか、 慎君ソックリだな。(・(ェ)・) …

ある未来

- 慎(シン。- マイノリティも マジョリティも、 理解できないものを恐れて排除したい気持ちがある。 ゲノム編集/クローン技術にせよ、A.I.の進歩にせよ。 そこは、シンだって、そうだった。 だから、既存の世界は、一度、滅びさった。 結局のところ、何時だ…

突然変異/進化

- 慎(シン。- ハルによっては、 シンは、精神障害ではなく 新しい精神の形らしい。 つまり、進化した心を持っている。 つまり、シンだけに、新人類なのだ。 sin

- 慎(シン。- 「そういえば、こないだ、 父さんと兄さんのセックス見かけた。」 慎:覗き魔。 「もうちょっと静かにしてくんねーかな。」 慎:俺は、お耳が不自由だからよ。 「分かってるけどさ。」 と、飛行しながら。 「父さんてさ、女好きになんないの?…

レイニー

- 慎(シン。- 「父さん、ずっとパジャマだよな。」 慎:あんま服に興味ねーんだ。 「どの時代にも通用するダサさだよ。」 慎:レイニー、お前は俺の子だな、ギャグセンスがある。 「発音がオナニーじゃん。」 慎:そういうとことか。 sin

※普通です。

- 慎(シン。- 『それだけじゃない。 同性婚は倫理に反するんですよ。 社会崩壊ですよ。』 『同性愛はただの変態。』 『異性を知らない童貞が夫婦のフリをしている。』 等、それら全てを愚見とブッ飛ばして、結婚した。 慎:さらさら議論なんてする気はねぇ…

キャッチ◎

- 慎(シン。- 一見少女だが、 中身が男である、レニ。 彼は、天涯孤独の捨て子だった。 そして、その母親もまた、天涯孤独だった。 既に他界しているが。 シンのことは、「シン父さん」。 ハルのことは、「ハル兄さん」と読んでいる。 実際は、ハルも父に当…

池田 恵(Meg Ikeda)

- 慎(シン。- 恵(Meg)は、慎と似た力を持っていたが、 それは、彼と付き合っていた影響である。 彼との付き合いは、その周囲に多大な影響を及ぼす。 下手に関われば、破滅する。 池永 聖(ヘビ男/トカゲ男/ダイナソー/ドラゴン)も、同じ目に遭った。 sin

SIN:0(シン・ゼロ)

- 慎(シン。- 維持された創造を破壊する。 ナイフとバットを悪用し。 料理人や選手を撲殺。 ハジキを弾き、反射殺。 慎:うら。 と、手から弱電で、感電死させた。 sin

少シン化

- 慎(シン。- 慎 は、愛を失った。 ところで、恋ちゃん は 元気かな?名前忘れた。 何恋だっけ。僕が二次元/異次元にまで会いに行った。 暫く、零れたままだな。 でも、気分じゃないから、あんま出したくない。 エビコちゃんも。 sin

旅で得た知り合い

- 慎(シン。- ちなみに、僕は、 動物愛護団体/右翼団体/女性団体/人権団体が、 同じくらい苦手。(・(ェ)・) 人権団体こそが人権無視したりするし。 小人症に関する話は有名だよね。 てか、小人症で良い人キャラって、見かけないな。 僕の知り合いには居るけど…

E.D.(カメオ俳優/代田氏も出演)

- 慎(シン。- シンは、加護(Kago)から一輪車を奪い、 電柱/電線の上をキコキコ走っていた。 (足キコ様。) 勃起不全なんじゃなくて、 性的嗜好の問題に過ぎない。(^_^;) (足舐めさせときゃ良いのよ。) 「嗅ぐのも良いよね。」 sin

宇多田(評論家)

あと、(・(ェ)・)って、 某宇多田氏も使うらしいね。 僕らとは関係ないから。(・(ェ)・) sin

二ビル(ニヒル)

まさか、天体が天神/天使/天狗の体だったとはね。 言葉遊びすぎて、思いつかなかった。 ネメシスがネメシスなのも、納得だ。(・(ェ)・) sin

Planet Zero(プラネット・ゼロ)

- 慎(シン。- アナ雪、君名といい、 面白くないアニメ映画が売れてたけど、 とりあえず、慎君によって 世界に二ビルが◎れてきます。 ネメシスはネメシスになったし。 sin

メッチャ面白い話

- 慎(シン。- 芸人が撮る映画は、 自身が主演になったり 出演しがちだけど。 (って言ったら、色々言われた。) 「その話はもういい。 僕は僕のペースでやるからさ。」 笑える。 sin

以下の画像のタイトルは、〝ダークマント〟です。

- 慎(シン。- そういえば、僕もそうだけど、 オタク達と会話してると、頭がこんがらがる。 彼らが何を言ってるのか分からない。 なので、僕は、 オタク(ギーク)にさえハブられていた。 僕は、ぬるオタ、ってことだ。 あいつら、 引用で喋ってくるからな。 …

無神、無人の中の無人の中の無人。

- 慎(シン。- シンは、持久力 がない。 そして、せっかち。 『早漏だけど、それまでは凄い。』 みたいな。 sin

シンシン

- 慎(シン。- 慎とか:付けるのって面倒だから、 今度から全員「」にするかもだけど、 誰が誰だか分からなくなりそう。 口癖とかえげつなくして差別化しようかな。 sin

美の虚人の星

- 慎(シン。- 世界初のゼロッカー、ここにあり。 sin

無偽書

- 慎(シン。- 偽メフィストフェレス(メフィストフェレス2世)は、 ややこしいが、偽ではなく、2世。聞き間違えだった。 伝言現象ってやつだな。僕が間違えた訳じゃない。 その前々からだ。コレも、そういう意味合いがあるな。 前にも言ったけど、一見黒人の…

Dr.ポイズン

- 慎(シン。- 北野(組長/会長)の似顔絵は、 多分、ここにはアップしない。 ここは更新が多いだけだからな。 別に、中心って訳じゃない。 元々、(無心)だしな。 あと、北野 は極右だけど、 キム は街宣右翼。ネトウヨだった。 なので、仲が悪かった。 右翼を…

新旧妻々

- 慎(シン。- 「ママ、中に出すよ!」 と、ゆうママ(人妻)を犯していた。 相変わらずである。 はるネエ(人妻)にもやってた。 ちなみに、●RECしてある。 んで、あらゆるメディアに流出済み。 なんと、自ら送っていた。 池永 聖(斗)もやっていた。 「あは、面…

好き勝手にはしていません。

- 慎(シン。- 黙(ダークヒーロー)だからな。 そりゃ、勝手にはできない。 (ダークメシア)でもあるわけだ。 アンチマンも、(アンチメシア)だったしな。 アンチヒーローかと思ったけど。 ダークアンチだとかアンチダークだとか、 そんな言い回しはもうしなく…

あちこちで、あちこちに

- 慎(シン。- それでも、最低限守るラインが〝キミ〟には存在する。 他の連中がそのラインを守らないだけに、 連中(モブ)につけ込まれる事も多い。 その人間臭さも彼の魅力だし、漬け込む連中もまた人間的。 そう、人間を美化していない。だから、臭くも「…

ADAM(ブランド)

- 慎(シン。- 慎 は、審査を受けて販売しない。 それらに喧嘩を売っている。 エロゲ版では、 審査する人達が慎にブッ抹殺され、 未成年のロリ/ショタをガンガン犯る内容となっていた。 近親相姦もあった。 sin

ヒロト・ロス(作家)

- 慎(シン。- 慎:トロい。 と、ヒロト・ロスを撲殺。 慎:お前は頭奇怪しくなかった。 と、なだめるように言う。 慎:もう可笑しいけど。 懲りない。 sin

ダビデの像、つぶやいた。

- 慎(シン。- (実物より小さく描いてる。) 珍宝の持ち腐れ。 sin

SIN:0

- 慎(シン。- SIN:0は、よほど想像力がないと、 無意味/意味不明で終わっちゃう。 作者自身もその内忘れてしまうので、厄介。 まあ、分析が得意な人達は居るんだけど。 それが合ってるかどうかも。 何もかも知れってんじゃないけどね。 それこそ、生理的に…

北野組長vsシンさん

- 慎(シン。- 未来。 ユウではなく、マサもいた。 「弱者が存在するだけで、 強者は加害者扱いされるんだよな。」 と、シンを、ボコる。 「被害者ぶった奴には、制裁を加えねーとな。」 何時の時代も、存在する連中さ。 その時、慎は思った、(全員敵だ。)…

タコ男

- 慎(シン。- 電車内。 男を痴漢に仕立て上げる女なんて、 いっぱいいる。 また、病人や障害者などの弱者のフリをした 連中も、いる。 ユウは、障害者の真似をしていた。 モノマネだけどね。 「あのタコ男の顔。」 と、重度障害者の表情の真似をする。 「あ…

オルターエゴ、イマジナリーフレンド?

- 慎(シン。- 弱いからこそ、 自分を強く描くんんじゃない? 威嚇みたいなもんでさ。(・(ェ)・) (誰でも殺せるもんね、シンちゃんなんざ。) 「ああ、僕は守りたい。これからも。」 (これまで守ってきたような言い方ですね。) 「守ってきました。」 sin

2対0

- 慎(シン。- 非モテ男(ゼロ)たる、彼(シン)。 家に2人組なんかがやってきて、 メチャクチャする映画は割とよくある話だ。 しかし、慎の場合、やってきた方を、殺した。 というか、0した。 不死身を利用し、拷問を受けるのを楽しんでた気がする。 慎:お前…

バカじゃなくてカバ、このじゃなくてのこ。

- 慎(シン。- 北野仁(キタノヒトシ)は、 大柄(195cm)だが、アソコは小さい。 また、アソコの穴も、ガバガバ。 ホモでマゾらしい。 「ふぅ~♪」 と、まだ北野組の敷地内に居座っていた。 「プールもあるんだよ。」 サイ男(キム・チェサン)なら、もうやった。…

北野組は北九州にある(設定上)

- 慎(シン。- その前に。 「美味ぇな、これ。」 と、和菓子を食っていた。 「お茶に合うわ。」 と、仁の妻の1人である、 ナディア(体が柔らかい)を人間椅子にしていた。 慎:一夫多妻制のメリットだな。 sin

北野 仁(Hitoshi Kitano)

- 慎(シン。- 慎の家に、組員が押し入った。 そこには、須佐 慎(主人公)が、 北野 仁(主人公④)を殺す絵が。 ―――― 庭園。 「北朝鮮に帰れ。」 と、慎。 耳元で言う。老人に聞こえるように。 あんま大きくすると、耳に悪いけど。 「うるせぇ・・・バカ野郎・・・ 声…

大カバ人

- 慎(シン。- 北野は、巨大化した。 事務所を破壊するほどに。 慎:チンコは小さいままなのね。 『サッカーしようぜ。』 慎:お前の生首でな。 sin

てめえ、ばかやろう、このやろう、ぶちころすぞ。

- 慎(シン。- 田舎から都会へ、逆カチコミ。 「てめぇやめろバカ野郎」 慎:きったねぇケツだな、ジジイ。 「何か文句あんのかこの野郎ぶち殺すぞ」 慎:これ掘るの嫌だな。 「てめえ、掘ってみろよこの野郎!」 慎:やめろっつったの、君でしょ。 「いーか…

ラブ・モーテル

- 主人公、慎(シン。- アイとシン。 つまり、愛と真心。 良い名前だね。 「しゃぶってくれ。」 「くっ・・・そっ・・・」 「かみちぎるなよ。」 シンは、カエル男(ジョン・ドゥ)に、しゃぶらせていた。 海外から連れてきた。 何か、無差別犯罪者だった。 つまり、…

ギレルモ・デモ・テロ

好きな音楽、Anarchy in the U.K.。 好きな映画、Funny Games(U.S.ではない)。 と、露骨に反社会的要素のある嗜好。 そのパロディが、ヒロト・ロス。 sin

オナニ→

(オナピスだわさ。) 何か、まとめ癖まだついてるな。 ニワ禁するためにも、癖やめたい。 (オナ禁~♪アナ菌~♪) オッナニって苦レープと似てるよな。 sin