2017-03-01から1日間の記事一覧

マイノリティの方が希少価値はある。

- 慎(シン。- 慎君は、大人に騙されてきたので、 子供を狙った。 それが、山崎静香だった。 ただの子供なら狙わなかったけど。 慎:俺は虐待されてきたけど、慣れた。 そういい、彼女を強姦した。気持ちよくなるまで。 彼女は、被害意識を持った。慎のよう…

Killゃしない、吉良。

- 慎(シン。- レイとマルとソラがいた。 彼らは、人工無人である。 3人でしかない、3人。 トリニティーと名付けよう。 しかし、そんなの有人の範疇でしかない。 だって、念力使えるだけの透明人間なんでしょ?w と、煽りたくなる。 吉良「何故作れない。」 …

鈴木零朗

- 慎(シン。- テストで、0点をとった事がある。 0点だから、その虚勢で、全部、○だった。 書かれてる式も、全て、零式。まさに、零式。まるで、零式。 零式ってのは、こういうことをいうんだよ、と、人間へ。 sin

メンバー(AQ機関に属する者のこと)

- 慎(シン。- 慎:プチ-0す。 慎君の事だから、 3月1日を、3月0日にできた。 そんなことをすれば、同じ日の繰り返しになる。 しかし、彼はそうしなかった。 ただ単に、普通に、2月28日に戻った。 今年は閏年ではないので、29日はない。 まあ、彼なら、29日…

願わない願掛

- 慎(シン。- 彼女に洗われる器が羨ましい。 彼女に拭かれる床が羨ましい。 彼女に使われる箸が羨ましい。 彼女に踏まれる土が羨ましい。 (ででで、出た~、ホワイト~!) 慎:日焼け跡みたいだな。 sin

悲恋物語

- 慎(シン。- 「恋さん、 取られちゃいました?」 「っぽい。」 「そう。」 「慎くん家の犬も、 父犬にお嫁さん取られてたしな。」 と、訳の分からない言い訳をする。 「恋さんって、そもそも、小説のキャラだったのでしょう?」 「ああ、ラノベの。」 「しか…

太陽の天使、ウリエル!

- 慎(シン。- 恋は、慎により、 釘付けにされていた。 そして、イエスのように、 零による十字架に貼り付けられながら、 犯されていた。 太陽は、零されていた。 「まさか・・・アタシが・・・」 慎:ツンデレなのに巨乳なんだな。 sin

0兎

- 慎(シン。- 久しく。 吾嬬 恋ちゃんが、 慎君に寝取られる夢を見た。 山崎静香ちゃんもいた。 2人とも、妊娠していた。 「む?」 目が覚めると、夢精していた。 sin

- 慎(シン。- げしげしげしげし。 慎:・・・。 慎は、メタ子ちゃん によって、 足で頭を洗われていた。 慎:創造主への反逆か。 sin

悪空

- 慎(シン。- 無念。 僕は今日も、念じる。 慎君の家のご近所さんを建築したりとか。 運命の赤い糸を操ったり。 神様のお仕事だ。 「この子、幸せにしてあげましょう。」 「そうだね。」 と、不幸な子を不幸な子とくっつけ、幸福にしてあげた。 【不幸にし…

無回転移

- 慎(シン。- 慎君を天才に仕立てても、 凡才が多いんなら、違和感を抱かれよう。 障害を超越したら、障害者から超越者になるとかね。 でも、理解される筋合いは無いんだから、 君は君の事だけ考えて、君の為だけに生きればいい。 他は存在しないぐらいに考…

どんなに尖ってても、よくみると丸い。

- 慎(シン。- 「まあ、ほとんどの障害者は、 ほとんどの健常者と同じだと思うけどね。 男と女がそうであるように。(*´д`*)」 慎君に、これで目消しされたけど、 マリアちゃんに看病してもらいの末、ダメージ0にした。 状況を利用した感はあったけど。 しか…

転移(反転ではなく、回転、ジャンプではなくターンだ。)

- 慎(シン。- 天才は周囲を気にしない。 輩の言う天才は、秀才。 輩は、凡才。 しかし、時代やら環境によるものもあるな。 天才ってのは場所によっちゃ何の役にも立たない。 人間としての慎君は、そういうタイプだな。 ほとんどの場所では邪魔な存在。 天使…

僕は偽善者、彼は偽悪者。

- 慎(シン。- 仮というか、偽。 慎君でさえ、悪ではない。 亜人じゃないからね。 亜人は悪人とも呼ばれる。 そっから、悪神や悪魔が生まれたり。 魔人が、始祖だったり。 堕天使な悪魔とは違う。 「手フェチに憧れたけど、 僕はやっぱり足フェチだなあ。」 …

虚し王

- 慎(シン。- 寝ると、夢を見る。 過去の回想、みたいな夢想だ。 キング大統領を倒した僕なんだけど、 また別の世界のキング大統領は、慎君が倒した。 『不細工は皆殺しだ!』 なんて、キングが言うもんだから。 自業自得だな、キング君。 「美人が死ぬと、…

夫婦犯罪

- 慎(シン。- 美男美女カップルがいた。 文武両道だけど銀髪のイケメンDQN/神尾 慧。 重病を患った大人しい赤毛の美少女ちゃん/岸本美月。 俳優と、アイドルだ。 (心?体?) 「さあ。」 4人は、死人になった。 そして、0人。無人。 「無口に含んだ訳ね。」 …

殺戮なんて最凶だ。

- 慎(シン。- 人間としての慎君は、 真面目で、完璧主義だったように思う。 しかし、彼はそれで痛い目に遭った。 第1話で、美男美女カップルを、消したのはそのせいだろう。 「美人だから殺されないと思ってるのは甘ったれ」だと言ってた。 ルールを守らな…

(虚)

- 慎(シン。- 「普通だよ。 美しすぎても、醜すぎても、普通なのに。 分かって無いな。」 あまりに醜すぎれば、美しすぎれば、誰も気付かない。 特に、美しさってのはそうだ。 慎君の生き方は、あまりに美しすぎた。 誰も彼を認めたくないってぐらいに。 彼…

悪(空)

- 慎(シン。- (アンタも、シンちゃんに似てきたわね。) 僕はそもそもドライだった気もする。 「そうかもな。」 誰が死のうとどうでもいい。 勝手に生きれればいい。 僕はもうどうでもいいんだよ、皆の事なんか。 世界なんて、下らない。 ただ、マリアちゃ…

黒神松本(がたのつく)

- 慎(シン。- 『・相葉 翔 弐宮和哉の幼馴染にして親友。 彼もまた、キノコ頭。 弐宮の元カノ、人気女優の多部 優と結婚するも、 慎によって、夫婦共々撃たれ、死亡。』 と、メタ郎くん。 「そうか。」 リア充に対し、ざまあみろ気分だったけど。 「ふーん…

頭を丸くしたのだけれれども、頭の中は尖っておるまのま。

- 人間(無人)なのだもの、僕だって。- 黒神松本(有の化身)・・・ 無人を責めるなんて人でなし。 そこに、善悪や正義不義は通用しない。 「僕にはマリアしかいないよ。」 「あたし にも、あなた だけ。」 たまに、「シンさん」と呼んでくれる。 ラブラブだぜ。イ…

無人と無人(ソラとシン)

- 慎(シン。- 殺したくない。 だから消した。 慎:感じようがねーよ。 しかし、黒神様(松本さん)が、彼を責める。 人間として。無人としても、責めてるつもり。 無人なんて責めれないのに。 人間じゃない、人外(マリアちゃん)でさえ。 人でなし(南くん)で…

むなしいそら

- 慎(シン。- ヒーローがヴィランになることもあれば、 ヴィランがヒーローになることもある。 しかし、どんな動機であれ、所詮、飽きただけじゃないのか。 結局、そういう所はある。 慎:だから、斬。 慎は、ヒーローやヴィランを、斬った。 英雄気取りの…

悪(空)

- 慎(シン。- 相撲界。 慎:負で敗り、悪で破る。 老人達が見守る中、 慎は、モンゴル出身、 白龍(横綱)を、手刀で斬った。 慎:戦い方を変えただけでアッサリ勝てた。 無論、反則だ。 彼が、人間なら。 しかし無人なので。 引き分けも何も、 戦ってないの…

殺犬だって最悪だ。

- 慎(シン。- 慎は、当たり前のように殺す連中が嫌いだ。 たとえそれが、罪人であろうと。 そして、害獣であろうと。 殺すことは絶対悪だ。 殺さない事は良い事だから。 生きるからには、殺さなくちゃあならない。 つまり、生きる事は悪。 慎:殺人なんて最…

無性悪説

- 慎(シン。- 善も悪。 全て悪。 悪は空。 だから、虚しい。 sin