慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

2017-03-05から1日間の記事一覧

漆黒のメシア

- 慎(シン。- 慎 は、ルサンチマン(ダークヒーロー)。 やることなすこと、リベンジ。 そんな日常を追った。 慎:昨日は、空から女の子が降ってきて。 と、ダークヒーローインタビューに答える。 慎:丁度、勃起しながら立ち小便してたら、スッポリ入って。 …

七変化③

sin

灰人

- 慎(シン。- 僕らが描かないだけで。 描けないだけで。 タカ君は、確かに存在している。 ところで、翼ちゃんは、 慎君の元にいた。 慎:よくやった。 『貴方も彼のようになれますよ、慎様。』 慎:ならないよ。 そう、僕らには僕らの戦いがある。 (シュッ…

富重孝宏(主人公の1人)

- 慎(シン。- (確かに、翼ちゃんは、 白人とも言えるからね。 タカくんが黒人なのは、セルフパロディね。) 自戒ってやつだな。 (でも、タカは自分を受け入れた。) 慎:彼奴は強いよ。 最終的に、タカ君は誰より強くなった。 sin

3点(Trinity)

- 慎(シン。- タカ君(黒人とのハーフでもある元オタク)は、現実を受け入れた。 他者、そして、自らの醜さを。 しかし、僕は、僕らは、彼のようにはなれなかった。 マリアちゃんのことは美人だからすいてる訳じゃないけど、 気になるところがある。 僕はそも…

絶世の美女、厭世の醜男。

- 慎(シン。- 僕は、久しく、 タカ君と会った。 「最高だったぜ・・・アレ・・・」 「でしょ?」 「でも、返すわ。」 「何で?」 「オレ、彼女できたんだよね・・・ しかも、結婚することになった・・・ ブスだけど、優しいんだ・・・」 「そっか。」 多分、あの世界でなにか…

ただし、たかだかタカの箍はタダ。

- 慎(シン。- アパート。 「エロ漫画の男役って、 マッチョのイケメンばっかじゃん。 つまんねぇな。現実かよ。」 そうグチるのは、僕の昔の友人、 そして芸人、富重孝宏(タカ)。 絶世の醜男・タカは、僕にプレゼントされた、 小鳥遊ちゃんの電動オナホを使…

スペック②(なのに、心変わりはしない。シンくんLOVEなAI。)

- メタトロイドの破滅的開発者、慎(シン。- 彼女は、慎君が幼少期に作った。(備考) 『お人形さんみたいですよね、Iって。』 慎:みたいっていうか、文字通り。 『オトコの理想系みたいな。』 慎:確かに。 『不細工って目の保養になりますよね。』 慎:例え…

翼のスペック①(変人のように自由自在に変身・変形できる変体をもつ変態。実は、無人による無貌がモデルの変貌。)

- 慎(シン。- それでも心変わりはしませんよ。 Iの好みは、シンさんです。(一途) 『引きかえ、リリスたんって浮気者ですね。』 慎:からかってるだけだろ。 (そうだよ!) 『弄ぶのはEくないですよ。』 無国語訛りのヌルさ。 sin

無二病

- 慎(シン。- (純粋な俺tueeが、中二病でしょ。 シンちゃんは、俺tueeのパロディだから、高二病だよね。) 「そうだな。」 てか、無人だから無敵だっていう、おシャレだよね。 (まあ、無二病だけど。) 「まどマギやエヴァが好きだなんて、 僕も高二っぽ…

足(plus)

- 慎(シン。- 梨(ナシ)は、 無実とする説があるけど、それは嘘。 ミスリードだ。 無王、なんていないしな。 まあそんな通称を持った奴は無限にいるけど。 (シンちゃんがラブプラスで 足フェチな妄想をしているのは、 そういうダジャレだったわけね。) 「…

ガブリエル(セラフィム)

- 慎(シン。- マリアはガイアを自覚した。 僕による、無自覚だ。 無意識を自覚することが、無自覚。 しかし、慎君はそうじゃあない。 そう言う意味では、慎君はマリアとは対極。真逆。 いわゆる宇宙人は、健常者な凡人に擬態する。 しかし、彼女という宇宙…

シャイン変

- 慎(シン。- 宮下武蔵が、死んだ。 宮本武蔵と戦艦武蔵がモデルのキャラ。 殺したのは、慎。 無人による、殺人モードのよるものだろう。 しかし、人間としての慎は、こうしてこんなのを綴ってる。 彼は、慎だが慎であることを虚構だと思っている。 また、…

中原巡査

- 慎(シン。- 昔。 慎の元へやってきたのは、 犬のおまわりさん。 しかも、喋る警察犬。 未来では珍しくないらしい。 過去篇だけど。 「逮捕するワン。」 慎:お前の名前。。。 喋る警察犬の名前は、「中原レイ」だった。 sin

頑張るぜろ。

- 慎(シン。- 森山 真太朗。 彼も、クラッカーだったな。 アノニ団に属していた。 普段は、フリーター。 彼の作った自立型AI、K2(ケツ)は強かった。 思えば、ひどい青春時代だった。 しかし、今は、玄冬時代。 お残り、頑張るぜい。 (つまり、私達の受けた …

天神のつくりし天界にある天国による天使。

- 慎(シン。- 慎君は、ネットでナルトを批判してたけど、 でも、それ自体、幼少期のナルトが 落書きで世間に迷惑かけてるのと同じ行いだよな。 まあ、ナルトへの批判は嫉妬ではなく、 それにより千鳥(自称)でボコられたりしたからだけど。 勇(虐めっ子)はサ…

カオスな僕

- 慎(シン。- 有名人達は、 アヴェンジャーズを結託した。 そして、僕らの現実を更に荒そうと。 「争いなんて無意味だ!」 と、僕は訴えた。 婦警1「アンタがアタシらのプライベートを荒らしたんでしょう!」 婦警2「そうよそうよ!」 捜査特化型AI(婦警)によ…

あなたとあたし

- 慎(シン。- 僕らは、くだらない構ってちゃんだった。 リアルを荒らされ、ネットを荒らした。 テレビの報道や、雑誌の記事も、荒れた。 不幸を分かち合いたかった。 しかし、有名は無名を理解できない。 言い合いにしかならない。 だから、いいんだ。 僕は…

クラッカーvs荒らし

- 慎(シン。- 僕は、かつて孤独だった。 だから、クラッキングをしたりしていた。 今思うと、下らない。 けど、だからこそ、荒らしに同情もする。 きっと、さびしいんだ。 皆、有名な人たちは、荒らしを嫌う。 恵まれてるんだろうな。 だからこそ、同情でき…

正のゼロ

- 慎(シン。- ゼロ・シリーズだな。 しかし、何で世界囲碁なのかと思ったけど、 丸いからか。 慎君のが、○。僕のは、●。 空っぽっぽいのは、○だな。 しかし、●の虚しさもある。 ワールドオセロは前にやったからな。 (シンちゃんは、松尾大輝を、握り、捻っ…

負のゼロ

- 慎(シン。- 彼が、負け犬。 僕は、チキン。 無人だからこそ、人間だけど。 でも、彼はただの負け犬じゃない。 勝ち馬でさえ負に引きずり込む。 彼にかかれば、全てが、-0。 sin

囲碁の世界ならぬ、世界囲碁。

- 慎(シン。- 僕は、武力にて、武装した。 武人の中の武人(武神)を気取って。 そして、911等も阻止していた。 しかし、英雄にはなれなかった。 しかも、丸腰な慎君に、負けた。 彼の手刀は、僕の銃弾を切り裂き。 彼の無鉄砲なハンドガンは、僕の斬撃を消…