慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

2017-03-06から1日間の記事一覧

無反重力

- ゼロからイチモツ、慎(シン。- 見せかけて。 僕は、彼女の椅子になっていた。 「重いですか?」 「無重力。」 一方、慎は、 無体の股間部から無反動砲を出し、 歴史を破壊していた。 陸奥・岩倉(僕を虐めた2人)なども、正義の犠牲に。 sin

僕=隷(れい)=ゼロ

無人差別による無人奴隷の歴史を物語っている? 「僕は君を支える為にいるんだな。_(:3 」∠)_」 僕は、下僕(マイナスゼロ)だった。 sin

大鷽(鷺と鷽の鳥人、詐欺師・桜井としこ。)

- 慎(シン。- 邪神のかけた、魔法。 それは、呪いでもある。 世界に、純粋な人間はいない。 大体は、鳥人である。 しかし、超人ってほどのはなかなかいない。 この世にいる、全ての美男美女は、鳥人。 だから、天使のような扱いを受ける。 まあ、言っても信…

メタトロン(デウスエクスマキナ)

- 慎(シン。- 電界。 『すぐ投げ出すんですから、身も心も。』 慎:残念だよ。 丸坊主なのは、0をイメージしてのことかも。 『いざとなれば、Iが自力&爆発力で自爆し、 (終わらせる方の)ビッグバンで世界を消滅させますから。 また作り直せばいいじゃないで…

虚飾症(主な症例、嘘からの虚言癖。)

- 慎(シン。- 西尾市。 2020年04月04日20時40分。 慎は、メタトロンに膝枕されていた。 んで、愚痴を聞いてもらう。 メタトロンの通称は、デウスエクスマキナ。 慎:世界はお前に任せる。 そして、彼女の脚=太ももにキスをした。 それは、どんな生き物の肌…

障害と超越(超越の障害)

- 慎(シン。- 他にとって、簡単なことが、 何1つできやしない。 その無力感が、彼をさいなむ。 慎:ハァッ・・・・・・ハァッ・・・ッッ。 と、独特の溜息をつきまくる。 悪態みたいに。 (一気に何もかもやろうとするからよ。) 慎:分かってる。 1つ1つ、0れゆく。…

空手に、虚しさを足して。

- 慎(シン。- 千人。 千体。 千手千眼。 その名の通り、1000体いた。 しかし、零へと0された。 sin

覚醒と発動

- 慎(シン。- 住職が、無職になった。 またしても、慎は無くしてしまった。 何もかも、無くなってく。 そこに漬け込んでくる連中もいる。 慎は腹いせなのか、世界中のお坊さんを、抹殺した。 世界中から、仏像が消えた。 その他の聖職も、抹消し、無職にし…

仏(ムジン)

- 慎(シン。- 僧侶としてなかなかキマッてる慎君であったが、 彼の本性は、北九州男児もびっくらな修羅である。 四国女子と付き合いたいらしい。 関係ないけど、小枩菜月(アイドル声優)を、消った。 慎:似てねーよ。 sin

無宗派。

- 空しい虚。- お坊ちゃん。 それは、ゆとり ある お坊さん。 慎くん(静ちゃんと一体化の零)の通称である。 彼は、お仕事として演ってるだけであり、 信仰心のカケラも無い、つまり、無心。 彼ほど無心な坊さんなんて、彼しかいないだろう。 AIにやらせた方…

お主神ちゃん。

慎は、帰宅した。 んで、執筆を開始する。 『呼びま?』 sin

坊主、坊主、坊主。

- ズボラな坊主、慎(シン。- 慎:南無阿弥陀仏。チーン と、音読する。 1回数万円で葬儀に参加する。 勿論、彼は神も仏も信じてないし、 天使や悪魔なんてのも信じていない。 彼は、無宗教。人間としても。 飽く迄も、暇潰しで仕事をしているだけ。 あと、彼の…

お坊ちゃん(O-Bo-Chan)

- 慎(シン。- 慎:辛いものだって甘えだ。 宗教は甘えみたいな考えがある。 しかし、お菓子は甘えだろう。 それと同じだ。 慎:俺はラーメン好きだけど、味は店によって違うだろ。 確かに。 慎:それに、ラーメンよりいい食い物は他にもあるしな。 確かに。…

出家!大サービス

- 新しい、慎。- チキンな僕より鳥肌ち、 負け犬な僕より遠吠えた彼だった。 慎は、家出ではなく出家した。 無職から住職となった。 祖母から、金剛寺を引き継いだ。 虚しい人生を送ってきたので、 自らに虚と名付けた。 人間にして無人たる彼に相応しい。 …

家出少女と成年出家

ビフォー アフター sin

金剛寺変

- 慎(シン。- 無職から住職となった、慎。 彼は、虚(ソラ)を名乗った。 「神も仏も存在しませんよね。」 と、不幸自慢が趣味の少女Xは語る。 慎:俺はスポーツやんないんだよね。 「は?」 慎:俺にとってスポーツは存在しないも同然だってこった。 「つまり…