慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

2017-07-03から1日間の記事一覧

植松 誠(Makoto Uematsu)

- 慎(シン。- そういえば、 スローモーションも出来る。 自分だけ加速する事も。 老化を加速させずに。 細かい調整でね。 植松 誠(レッドドラゴン)を、それで弄んだ。 しかし、見抜かれた。 ちなみに、彼は、ハーレム系ヴィラン。 男にも女にも、モテる。 …

江頭0:00

- 慎(シン。- (未だに、黄人のことを日本人っていうよね。 まあ、黄人っていっても、中韓もそうなんだろうけど。) イエローモンキー的な意味での日本人は~、 とか、ハーフも増えてる時代に言うのは古いよな。 (かませ犬としてクロンボ出すやつも多い。…

颱(typhon)

- 慎(シン。- (逆に、無理して食べてるよね。) 俺、排泄も嫌いだけど、食べるのも面倒臭い。 食ったら重くなるし。すぐトイレに行きたくなる。 (シンちゃんって、時間を0すけど、モブもそれよくやるよね。 バックトゥザフューチャーとか、時をかける少女…

足より鼻の中の匂いが癖

- 慎(シン。- (激太りエピソードはあるけど、 激痩せエピソードってあんまないよね。) 俺はストレスが溜まると、むしろ痩せる。 でも、ずっとお腹痛い。 sin

女死ね(男殺し)

- 慎(シン。- 美少女コンテスト。 美少年コンテスト。 彼/彼女らを、皆殺しにした。 sin

人権無視

- 慎(シン。- (イジメ/虐待は、人権侵害だよね。 DVは相手を選んでるけど。選択の余地すらなかった。) あったとかいう連中は、虐げる側。 sin

女豹と豹変の変態

- 慎(シン。- 今日も、今日とて、銃乱射。 (虐めっ子って、モテるよね。) 不良はモテるよ。 俺に厳しい以外は、 普通に良い奴だと思われてるから。 自然界でもそうだな。 sin

そういうのいいから。

- 慎(シン。- ドリームクラブやラブプラスを作った連中を、殺した。 「詐欺だろ、こんなの」っていう。 ―――― 二次元。 「よう、高嶺」「誰?」 「俺が分からないか」 そして、ドゴォッ、と、腹パン。 「うぶっうぷぅっ」と、うずくまる、高嶺(愛花)。 彼女…

殺される側にも原因がある(犯される奴も悪い)

- 慎(シン。- リコの母、リカ。 遺族と称される、彼女。 メディアが報じないその裏側。 (ギャルゲってさ、選んだ選択肢と違う行動するよね、主人公が。) 俺はあんまギャルゲやんないけど、 ドリクラやラブプラではそういうのあったな。 待つっつってんの…

池田夏帆(女優)

- 慎(シン。- 殺人性癖を持つ者たちに、 二宮と三吉の虐めっ子カップルを捧げた。 彼らは、二宮と三吉を惨殺した。 sin

女帝閻魔

- 慎(シン。- 『殺人失格』や『殺人椅子』では、 殺人の生い立ち~死刑にされるまでを書いた。 その後の話、『あの世変』では、閻魔女王に会う。 殺人を我慢して生きた果ての虚無。 前世で悪い事をしたわけではなく、 むしろ前世で普通(以上)の生活を送った…

いやそれ、ダークヒーローじゃなくてヴィランじゃん。

- 慎(シン。- 殺人(鬼/犯/者)をマイノリティとして 扱った作風だったため、叩かれる事も多かった。 しかし、本当のことである。嘘じゃない。 まあ、嘘だと思われてるから、虚構で表現したんだけど。 sin

海のワニと川のサメ

- 慎(シン。- ダークヒーローとも呼ばれる、ヴィラン。 裏の主人公(闇の主人公)、鰐淵と鮫洲。 裏社会(闇社会)の2大勢力の主。その正体は、獣人。 それぞれ、刺身にして食べた。 sin

実は血が嫌い

- 慎(シン。- ハーレムよりも、死屍累々。 「ああ・・・」と、 大小便を撒き散らして死んだ女性。 その遺体に、抱きつく。 さすがに、腐ってきたら、燃やすけど。 あと、血は苦手。 sin

虚構は甘くない

- 慎(シン。- 災害で発生したエネルギーも、活用。 そのようなテクノロジーも齎した。 とか、書いてても、虚しいだけ。 虚構の世界で救っても、やっぱ現実はそうじゃない。 sin

Common Man(Mob)

- 慎(シン。- 現代。 俺は、もてはやされていた。 キリストや天皇のような 偉そうな存在を無かった事にし、 代わりに俺が活躍したため。 sin

モブの反応。

- 慎(シン。- 『異常なのはお前だろ』 『ロリコンとホモを一緒にすんな。ホモに失礼だろ!』 『誰も庇ってくれとは言ってない』 『被害者面してんじゃねーよ』 sin

同性愛者こそ異常性癖。

- 慎(シン。- ロリコンオタクはまだ、 女好きの範疇。 しかし、ゲイはどうか。男なのに男が好きだ。 それこそ、異常性癖(変態)でしょ。 ネタにされてないけど、レズやオナベもそうだ。 ハーフ美女も、ただの雑種だし。 ああ、気持ち悪い。 今まで庇ってきた…

さきvsシン

- 慎(シン。- 〝さき〟は、別の作品の主人公。 幼い頃、レイプされた経験がある。 俺の次回作のヒロインという設定。 異性愛でも同性愛でもなく、自己愛をテーマにした作品。 自分に恋する、マイノリティの中のマイノリティだ。 sin

サキさん

- 慎(シン。- 機嫌があれなので、 小学校へ向かった。 銃乱射はしなかった。 好みの子がいたので、 茂みに連れ、フェラさせた。 というか、必然的に、イラマ。 喉マンコに出した。 「あー、最高。」 「げほっげほっ」と、女の子。 名前は、〝さき〟というら…

加害者家族と加害者遺族

- 慎(シン。- 以下、私刑集団(ヴィランズ)。 『シンの家族って何してんの?』 『被害者遺族マジでカワイソス シンの家族も死刑にしろ!』 『アノニマス、加害者遺族の住所特定マダー?』 『被害者遺族が苦しんでんのに よくのうのうと生きてられるな』 『俺…

僕は幼少期から虐められていたので子供も大嫌いですから。

―――― 家出。 自分が平穏な家庭で、 愛し愛されるとは、 想像できない。 そうして、旅に出た。再び。 (もなみんの親父はともかく、加藤の弟は可哀想。) sin

長谷川静(メインヒロイン?)

- 慎(シン。- レッドラは、 「お前だって守られてる」と言った。 しかし、イラつくな。 sin

社会の勝手さ

- 慎(シン。- 植松誠(レッドドラゴン)は、こう言った。 『少数派は犯罪者予備軍だ』と。 しかし、どうだろう。 それは、あんたらが抑圧してるからだ。 それを皆殺しにし、争いを無くしたとして、逃げてるだけだ。 あんたらが虐げたから、 抗議としてあんた…

植松誠(復刻版)

- 慎(シン。- しかし、それを、 植松誠(独裁者)に見つかった。 彼は、マイノリティを極端に嫌う。 また、熱血であり、体育会系。 ハンサムで、金持ちの息子でもある。 sin

無産大運動会

- 慎(シン。- ある田舎。 俺の恋人、長谷川静(旧姓、松岡)。 彼女は、俺を養っていた。 そして、俺は、 ネットで無産運動のような事をしていた。 無職差別をなくすために。 sin

精巣と卵巣(キンタマとギンタマ)

- 慎(シン。- おトイレにて。 大小便。屁音が響く。 俺は、早見姉妹(沙織/あかり)の 生首で遊んでいた。キスさせたり。 「可哀想にな。」と、同情していた。 「俺と出逢ってしまった。運が悪かったな。」と。 しかし まあ、運とはいっても、便通は良かった…

バカ『どんな理由があっても』←お前らが理解力無いだけだろ

- 慎(シン。- 真犯人は俺なのに。 苛まれたが、忘れる事にした。 忘れろって言ったじゃん。 イジメ/虐待も。 だから、殺した事も忘れる。 俺はずっと無罪だ。 これからも、世界中で全部殺し続ける。 sin

世のビッチよ

- 慎(シン。- (何で、殺したっけ?) 評論家とかアナウンサーとかコメンテーターとか。 あいつら、狡いじゃん。 俺が起こした事件をネタにしてさ。 警察とか、作家もそうだけどさ。 だから俺もネタにしただけだよ。 でもそこを無視して非難されるんだよな…

君の靴下を嗅ぎたい(趣味じゃなくてフェチ)

- 慎(シン。- (酒鬼薔薇と共通点多いよね、シンちゃん。) 俺妹とヨスガぐらい、違ェよ。 (宮崎駿と宮崎勤ぐらい?) 大体、そのぐらい。 sin