2017-08-17から1日間の記事一覧

鬱(虚)

- 慎(シン。- ああ、面倒臭い。 (仕方ないよ。シンちゃんって、 躁鬱みたいな見た目で判断がつかない 精神の病気を患ってるからね。 あと、障害も、見た目で判別がつかないタイプのやつ。 自分からは切り出しにくいしね。 言った所でお互い気苦労するだろ…

スパイ(ヴィラン)

- 慎(シン。- 小泉 百合子(yuriko koizumi)。 彼女を正義だとする声もある。 正直だとも。 しかし、実際は、大嘘こいてる。 化粧が濃ゆいとか、そういうレベルではない。 そんなのただのダジャレだ。 そうではなく、彼女は、スパイ。 スパイ組織のスパイで…

小泉百合子(非実在政治家)

- 慎(シン。- 選挙カー。 小泉は、選挙と労働の 義務化をわめいていた。 それを守らない人間からは 権利を奪うべきだとも。 しかし、いつ働くか、また行くかなんて分からない。 そのチャンスを奪う事こそ、悪だろう。 また、そうしない人間には無駄な金がか…

復讐(憎悪)

- 慎(シン。- 同人作家をしている モブ連中は、俺が負けて 掘られる同人を描いていた。 なので、抹殺した。 俺が書く分には良いけど。 「お父さん、最近体温冷たくなった?」 「ああ、最近冷えるな。」 sin

武勇伝説

- 慎(シン。- 俺は、悟(サト)を倒した。 昔の事だけど。そういう戦いもあったな。 sin

蒼い彗星

- 慎(シン。- シンパンチは伝授した訳ではなく、遺伝。 まさか、必殺技まで遺伝するとは。 師匠になるまでもなかった。 こないだ、地球(新)に 小さい悪魔の憑依した巨大彗星が落下してきた時、 彼女はアイパンチで粉砕した。 昔の俺のようだった。 無人の無…

本物語

- 慎(シン。- 俺と再会した時よりも、 愛は強くなっている。 レベルアップしている。 しかし、それだけ敵も強くなる。 ヴィランマンも、次に会う頃には、 更に大物感を出してくるだろうし。 sin

ヒロインウーマン

- 慎(シン。- 「バニーガールは 足技が得意だから、気を付けて。」 「うん。」 俺はもう出来るだけ、 戦いたくない。 昔、散々やったしな。 発表していない戦いなんて、 山を超えるほどある。 すると、すぐに帰ってきた。 が、娘が俺の首を絞める。 いや、…

エピメテウスの鍵(鍵とは言っても、キーワードの方。)

- 慎(シン。- 兎の穴は、異世界へ通じていた。 そして、洞窟は、鬼の住む地獄へ通じていた。 なので、■でまた閉じる。 とはいえ、入ってきたものも居る。 兎の穴からは、人食いバニーガールなどが。 バニーガールには、佐倉や杉田などが食い殺された。 じき…

猫助け。

- 慎(シン。- 猫を虐める子供を 叱り、猫を助けた親父。 大人に轢かれた猫を助けて飼った、母親。 その精神は、娘にもあった。 俺は、子供からも大人からも、虐げられ、苛まれていた。 何やかんやで、結局、 差別(迫害)は正当化され、俺だけが悪者/弱者に。…

女性とは、痴漢認定器である。(発見器ではない)

- 慎(シン。- マックス戦。 俺を死刑にすべきだと言う、マックス。 〝全ての方法を試した訳じゃない、 例え1兆回やって駄目でももう一度やったらいけるかも知れない。〟 と、娘は反論。 俺はそういう系の名言は苦手だったけど、 娘が言うのには説得力があっ…

疑似無人(gijimujin)

- 慎(シン。- 俺は、無個性(ムこせい)であって、無個性(むこせい)ではない。 それは、サラリーマンやOLのようなありふれたモブの事だ。 大した個性もない癖に、個性的な人を見下す、有象無象だ。 そういう連中を、邪神が疑似無人にしたことがあったな。 ま…

【黑匣】

- 愛(アイ。- ヴィランマンが地球へやってきて、 無差別に虐殺を繰り返していた。 「畜生、俺が息子だったら良かったのに。」 「貴方みたいな兄も弟も、欲しくない。」 「知ってるか?お前の本当の親は彼じゃない。」 「テキトーな嘘言っても無駄よ。」 「…

Villain-Man

- 慎(シン。- ヴィランボーイだった ヴィランマンは、俺に憧れ、 悪事を働いていた。 俺は悪事のつもりはなかったが、 破壊描写だけを見るとそう見えたのだろう。 そして、ヴィランマンと戦って勝ったのは、俺の娘。 ヴィランマンは、俺の娘に嫉妬していた。…

アイカマナ

- 愛(アイ。- 父がこの世界に 生き残ったOLを 殺したり、犯す夢を見た。 「お父さん」 と、目を開けると、そこに 父が寝ていた。 普段と何ら変わらない。 血の匂いもしない。 「良かった」 sin

ナマデマナ

- 愛(アイ。- 俺と娘は、帰宅した。 俺は、また寝た。 すると、夢の中で。 邪神の魔法によって、 過去が蘇ってくる。 ―― その夜。 モゾモゾした俺は、OLを殴殺、犯した。 その生首を、オナホみたいにして、中出し。 その威力でOLの頭が貫通。 首から一直線…

自分の子供が健常者だったら嫌だったな

- 慎(シン。- 黑匣は、魔界のものだ。 邪神(ジン)が創造した。 だから、思い通りに行く限りはない。 sin

蹴(ゲシッ)

- 慎(シン。- サスケ「昔の俺を」 お腹に、ガァンッ。 サスケ「ごはぁっ」 ブッ、ブリブリブリィッ。 ゲロゲロゲロォッ。 サスケ「うええええっ」 「サスケ、弱っ。」 ベジータ「ふん、次は俺様の番――うぶっ!?」 メリメリメリィッ、ズボォッ。 ベジータの…

顎無弘行『あの、シンのさぁ、右耳の能力ショボすぎでしょw写輪眼とかはカッコイイけどさwあいつ、サスケほどの過去もないじゃんw地味すぎw』

- 慎(シン。- 「よう、アゴなし弘行。」 顎無弘行「ご、ごめっ」 ガァンッ。 ゴキィッ。 グルグルグルンッ。 顎無は、首の骨を折られ、死亡した。 「てめぇは何の能力もねーだろ、アゴナシ弘行。」 あ、もう死んでるか。 「サスケとかただの漫画キャラだろ…