慎(SIN。

このBlogはFictionです

2018-03-20から1日間の記事一覧

隼『大勢の為に少数が犠牲になるのは当然の事だ』綾ちゃん『大勢の優れた人間よりも!たった一人の彼の方がずっと優しい!』

隼『フン・・・成程・・・ やはりそういうことか・・・ 確かにあいつは優しい・・・』

ラスボスは死魔こと島説か死神こと慎説があったが実際はどちらでもなかった

猫にも邪魔されなくない 関係だったが貰った 義妹と従姉が助けた猫

何言無駄

他者(Mob)なんかどうでもいい 僕は綾ちゃんと一緒に永遠に 引きこもってやる閉じこもってやる 世界の終わりまで一緒に居る

『傍観者も加害者と同じって一部の輩が言ってるらしいけど傍観者にも色々居る!』『傍観者だって被害者!』『加害者が悪い!被害者にも原因がある!』(仲裁者ぶって言い訳を重ねる傍観者たち)

― 真綾(マヤ)は僕が虐げられるのを見ていた 「何で・・・皆・・・」と言うも誰にも聞こえていなかった 僕にも届いていなかった周囲が煩くて 「殺せ!殺せ!」とコールが始まる。 ― パチッ。(ガバッ) 「うわあああああっ」と起き上がる 当然心の声に決まってい…

傷付け合い殺し合い疲れた

「結局あの子を救えなかった」 と零希さんは弱音を吐いた 「あの子達の事も」 人助けと人殺しの罪も罰も背負っているのだ 「僕もです」 大凰を殺した

超音速で走れる一輪バイクに乗って煙を吹きながら隼王は戦場へと向かった(一輪バイクとか古いな大体乗ってるだけで前方不注意だし)

― ドォーン!(隼王、参上。) 隼王(Horus King)は戦場へやってきた そして真っ赤な一輪バイクから降りる 「やるじゃないか・・・女の癖に・・・」 と言うと彼はいきなり金色に輝き出す 「あいつのは銀色だったからな・・・俺様の下位互換だろう・・・」 と僕とメタトロ…

主人公(heroine)

― 女性兵団を率いて 零希さんがホルスの帝國へやってきた 従弟である僕を助ける為に そして真城真綾ちゃんも 百鬼夜行の反対を押し切ってやってきた 「真綾ちゃんも来たのね」 「シンくんを・・・絶対に助ける・・・」 「あの子も・・・王子様・・・ヒーローになったのね…

主人公とヒーロー

(真城真綾ちゃんは 僕の真のヒロインだ 白虎の王女様なんだ)

Invisible Hand Of Goddess Only Knows

空亡(Οuranus)たる真城真綾 彼女の力を使って真に世界を 支配しようとする隼(Horus)であったが 彼は僕をナメていた

テレパシー・テレキネシス・テレポート

―「ククッ・・・これが僕の本当の力さ・・・ 今まで隠していたのは・・・この為のサプライズだ!」とカッコつけてゆう。 sin

Real Life Super Villain(バットマンやアイアンマンが悪の側だったら)

― 鳥と魚の差異。 隼は裏で世界を支配していた そして支配をより強め ついに彼はイルミナティの王になった 学校の虐めっ子生徒会長から会社の社長から社会の独裁者と化した 「これは俺様の努力の賜物だ」 顔も以前より端整になっている 凛々しい見た目だ 「…

ホルスの一族

僕らの世界観に 天皇や教皇やロスチャイルドやロックフェラー等は居ない しかしそれ以上の存在が 隼(Horus)だった そして彼は新たに自分の国を作った 虐めっ子どころか更なる独裁者となって 彼は君臨支配していたし国民は厳選されていた