慎-SIN-

このBlogはFictionです

2018-03-21から1日間の記事一覧

僕は一人で歩いていた

― 散歩。 「たまに・・・いつも・・・シンくん 最近・・・この頃・・・・上の空で 私以外の誰かを考えてるんです」 「あの子は昔からそうなのよ」 あの子は詞子に似てる 何処にも居場所が無い 戦争では虐殺され 平和になっても迫害される sin

零希&しん

― 綾ちゃんの似顔絵。 「似てる?」と尋ねる 「似てると思う可愛い」と答えてくれた 彼女の方がずっと上手いけど sin

首吊りマッサージ

― 真城真綾の祖先には 真城真畔の名があった これはどういう事なのだろうか まさか島さんは本当に慎の抜け殻なのか ―(まあどうでもいいけどな) 「零希さんが・・・私もスーツ着ろって・・・」 『ヒロイン?ガッデス?』 「どっちも」 と言うので 『どっちもどっ…

三種の神器(Trinity)

真城真綾(Maya Mashiro)=空 ブラックゲイ(Black Gay)=陸 早見順乃(Juno Hayami)=海 しかし隼は空だけを使えなかった 僕の彼女だからな やっと勝った

大人しい人はパンクロックが好き

綾ちゃんは音楽では パンクの方が好きらしい 僕と同じだ 口数が少なく物静かなだけで 何も思っていない訳じゃない 隼に言ってやったしな 僕が優れてないとしても 僕は優しいんだってさ

天才がボーッとしているのは考え中だから

脳科学的にはボーッとしている時程 脳が活性化していると証明されている 一見暇そうでも脳にとって大事なのだ 忙しいだけじゃ駄目ただの社畜

詞子さん『魔術は勝つ、辻褄が合う。』

詞子は「科学こそが生きる意味を見出す術」と言っていた 然し後に「魔術を前に全て無意味」と発言した

Mosaic World

彼(町山修悦)はネット上で 『表現規制がされている理由は犯罪抑止に効果があるからだ』 と発言していたが、この話で思い出すのは 慎の台詞「二次元が規制されたから三次元で開放するわ」である。

時計仕掛けの神(Chronos)

― 郷美は殺された 然し僕は犯された。 sin

探そう、追いかけよう、ゴールデンボール

― 切り取り。 渡辺親子の性器は切り落とされていた そしてそれ以前に惨殺された 普段は女装の両性具有アイドル井上伊織 (男装したら石田伊織になる)の男女性器も (そこらへんのナイフで去勢とか痛すぎるな)と、僕は思った。 sin

ニート腐女子

― 渡辺郷美。 あるマンション、その一室。 「ああぁん雲雀ぃいいいいっ 神田ああああああああああああっ リヴァイぃいい西くぅうううん 銀さぁああんカラ松ぅうううっ 承太郎様ああああああっ」 と自慰をこいていた、郷美。 ― そこへ詞子。 「ギャーッ誰(ダ…

連続男児毒殺事件(僕だけは彼女に殺されなかった)

―「一体邪神になって何の意味があるんだ」「特に」 どうやら彼女は虚無主義なだけらしい 「だって人生に意味なんてないでしょう」「なのに努力したのか」 「ええそうよ意味があろうとなかろうと関係ないわ」 僕も世界に価値を感じていなかったけど彼女は全く…

正義婦

僕が女性不信に陥った原因は 言うまでもなく詞子や母にあるんだと思う そして男性不信に関しては父や隼だろう 二人合わせて僕を人間不信にした そして犬を可愛がらなくなった理由は ポチを失ったからだとさ

ヘズ=アザトホース

ヒロインの正体が神様みたいな作品は多いけど ヒーローの正体の方が神様だった 「こんな単純なミスリードに引っかかるなんて日本人は間抜けだわ 男神って言葉が浸透していないだけあるGODは浸透しているのだけれどもね」

盲目の女神と聾唖の男神

詞子は僕が神だと気付いた よく僕と接していた零希も気付かなかったが 彼女は世界の誰より先に気付いた そして僕の力を悪用し邪神となった

透明巨神

僕はインビジブルモードになった 地上でブラックゲイが待ち構えていた 「何処?」 そして噴火 しかし僕は空間に溶け込んでいた

巨人(虚神)

僕は脱獄したしかし 地割れに落とされた 「うわぁあああああっ」 落ちていく マグマが見える 「僕はアトム・・・僕はアトム・・・」 すると巨大化した ズゥンッと壁に両手足が 「GO!」 そして空を飛んだ ケツからファイヤーよ

Goddessuit

零希(アイ)はウルトラヒロインスーツ (ガッデススーツ)を呼んだ それは所謂巨大ロボだ 「最初から使えよ」と隼 零希「条件付きでね」

虚人の虚吼!

「ゲームじゃないんだ セーブもロードもできない」 「それはどうかな」 「バグっているのはシステムじゃないネットじゃないお前だ そしてお前こそがウイルスなんだ」 「ノンノン」

陽向隼史(ウリエル=クトゥグア)

僕らの世界はナノマシンによって 大小便をしなくてもいいアニメのような世界観 スカトロプレイが出来ないのは惜しいけど まあやろうと思えば出来る つーか監視社会で学校での体罰0が実現した世界観で 何故僕だけが叩かれたのか解せないなあ 犯罪0も実現して…

Horus Empire

僕を救う為に彼女らは ホルスの帝國へ殴り込んだ 一方の僕は女装をさせられた 「あら可愛いじゃない嫉妬するわ」 (確かに可愛いけど) 確かに女装した僕は可愛かった てか僕は乙男だからなスキンケアするし

VR学園はメタファー?

日本は天才を認めない 飛び級を認めないだけでなく そんな年齢主義は発達障害者にとっても辛い つまり優れた人間も劣った人間も迫害し どちらでもない凡人の中立の世間なのだ (何でもかんでも男女別にし右利き寄りにし 便利さを追求した結果その分マイノリ…

虐めっ子の世の中ではサイコパスがヒーローらしい

僕は殺しを楽しめない だから食べるのも苦手だ 競うのも嫌いだ しかし生きるって事は それを強いられる事だ そしてそれに有利なのは 隼の様なサイコパスなのは 言うまでもない 正義は悪より残酷だ 彼は障害者や犯罪者を虐殺して 英雄視されていた変な世の中だ…

鷲頭 双(Sow Washizu)=鷲(Hræsvelgr)

鷹王(Hawking)である吉良亜晃は 隼王(Horus King)を批判した

弄られっ子

マイガッデス真城真綾は隼王と マイヒロイン吉良零希が順乃と そして僕はΩを発動させブラックゲイと戦っていた 彼女は自身を「ゲイ人」と呼んだ 自傷にして自虐にして自嘲だ 自分自身に対する差別を笑いにしている 古い笑いだそうした方が楽だし楽しいからっ…

Black Gay

レズが自身をゲイと言ったり ヒロインが自身をヒーローと言ったり フェミニズム的にこういうのも許すべきじゃないな 女性とはこうであるを決め付けている 同時に男性像も決め付けている 思うにマスキュリズムとフェミニズムは矛盾しない 男女のステレオタイ…

奴隷と呼ばれた男

僕の見張りは ブラックゲイ(ダークホモ)だった 「貴方可愛いじゃない」 と舌なめずりする そして自身の股間をズボン越しに弄る 「私の好みよ」 彼女こそが陸の器 バハムートだった

Juno Hayami

その頃零希は順乃と戦っていた 彼女の正体は巨大な人魚だった その為に彼女は聾唖だった訳で僕と違った 魚には声が無いからな