読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犯罪者マゾ化計画

- 慎(シン。- 俺は、リホの命令で、 殺人犯達を、処刑した。 彼らは、更正できなかったらしい。 生粋のサディストだったから。 俺はバカなので、 先天的に、潜在的にそういう部分があったのは事実だが、 後天的にそれを自覚した。 差別/迫害(イジメ/虐待)に…

処刑人S

- 慎(シン。- シンの殺人性癖を治す役に 任命された、リホこと陸奥里穂。 彼女は、シンの殺人を 性的サディズムによるものだと分析し、 彼に宿るマゾヒズムの部分を引き出し、マゾ犬化に成功。 シンを見事、タダ働きする社畜へと変貌させた。 「極秘プログラ…

俺がパパ役を演じる事もありがち。

- 慎(シン。- 子守唄は、 シンちゃんマンのテーマ。 YouTubeにあげてた動画はほとんど消した。 慎:んママぁっ。 (ばぶばぶ~。) と、赤ちゃんプレイ。 (イブ・マリア、か。) sin

それが慎なんだ。

- 慎(シン。- (女性が男性に父性を求めるように、 男性も女性に母性を求めてもおかしくない。 それをマザコンだとか言って切り捨てちゃうのは、 浮気されて当然なんじゃないかなって思うよね。 まあ、私は無性だけどね。シンちゃんもね。) 慎君は、変態性…

男の子だって守られたい。

- 慎(シン。- 守るばかりで、 守られなかった。 神、英雄、救世主。 それらを救える者はいなかった。 だから彼は無人格を生み出した。 (それが私だったのね。) sin

ヤンデレとダークヒーロー、みたいな?

- 慎(シン。- (可愛くてか弱い女の子に騙されすぎだったもの。) 慎:お前が守ってくれてたのか、俺を。 (英雄だって、救世主だって、神だって、 やっぱり、守られなきゃいけないと思うの。) sin

SIN:0(シン)

- 慎(シン。- 慎は、美少女/腐女子(たち)を、殺めた。 同族のようなものなのに、 何故そうしたのか。 本人にも分からなかった。 ただ、彼は、思った。 彼女は何故、黙っているのか。 (私?ああ、うん、私ね。) アッサリと、認めた。 慎:お前の独占欲には…

零細(零元の続編の1つ)

- 慎(シン。- 直斗(直人)じゃなくて、 直哉(直也)でもいい。 隼人か直虎にしようか、 とも、悩んだ。 シンは、あの2人を、放った。 その後、2人は、 シンとは何の関係もなく、事故死した。 というか、デュラハン(ゲン)にひき殺された。 sin

霊(零)

- 慎(シン。- 屋上。 「マキ、すまなかった。」 と、四条直斗。 「アタシこそ・・・」 と、二宮真希。 「あのシンとかってヤツ、 通報しといたからさ・・・ 俺達、付き合おうぜ・・・」 すると、扉がドーンと開いた。 慎:ちょぉおおおっっと待ったぁあああ…

恩師に仇返し

――――― その後。 NTR物は映像を送り付けがち。 (画像で脅迫するパターンもある。) 慎:屈するバカ。 二宮真希は、屈しなかった。 ただ、無理やりヤラれた。 処女だったし。 護身術も効かなかった。 ただ、慎には、霊媒師だの霊能力者だのも効かないから。 …

冬にクーデレは寒すぎるし冷たすぎる。

- 慎(シン。- かまくら。 シンは、二宮を犯していた。 「あああっ誰かぁああ助けてぇええっ♥あっあっあああんっ♥」 慎:札幌~札幌や~。 と、自作の演歌を歌いながら。 慎:愛しのさっぽぉろぉむすぅめぇぇえええ~っ。 二宮真希、別に可愛くないよ。優し…

シンドラ

- 慎(シン。- 通学路。 「まったく・・・ 人の気も知らないで・・・」 と、ツンデレ娘/二宮真希。 慎:・・・。 そこに、慎を足したら。 慎:どうかしたんですか。 北海道。 寒い冬の、雪の積もった、通学路。 彼は現れた。 坊主、Tシャツ、短パン、下駄。 と、独…

精霊(セイレーン)

- 慎(シン。- あるデパート。 慎は、人妻をナンパしていた。 「・・・へぇ、ヒット映画が好きなんですね。」 「ええ、まあ・・・」 「でもですね、良い子が生まれる限りないじゃないですか。 平穏な家庭に生み出される子供が、健常者とは限らないんですよ。 フラ…

幸せとは不幸を誰かに押しつけることだよ。By-シンくん

- 慎(シン。- 慎は、善良な人々を殺したのだと言われた。 しかし、実際は、イジメ/虐待の加害者を主に殺した。 被害者の中には、彼をダークヒーローのように思う者も居る。 しかし、それは、ただの綺麗事じゃない。 殺された奴も悪いし、 殺してくれたから…

平和主義者(事勿主義者)

- 慎(シン。- (英雄に憧れつつ、 平和主義者(事勿主義者)だった俺だが、 とうとう、殺意を抑えられなくなった理由は、 善人なんていないからだ。 俺は弱すぎて、全てが悪人に見えた。 善人みたいなのいても、俺は助けられてない。 いないのと同じだな。恩…

MTR

- 慎(シン。- 宮崎は、小児性愛を隠して生きていた。 そして、明かす事なく、看取られた。 慎は、そうなりたく無かった。 我慢して、迎合して、我を捨て、夢を捨て。 慎:そんなの、自殺した方がマシだ。 sin

社会は世界じゃないから、丸くないけど、確かに狭い。

- 慎(シン。- トム刑事から逃げ切り、日本にいた。 しかし、祖国とはいえ、居場所とは言えない。 慎:・・・。 自分は生まれながらの悪なのか、 それとも、後天的なものか。 正解は、どっちも、だろう。 慎:俺だけのせいにすんなよ。 イジメ/虐待、どちら…

鹿田、筒塩、吉田。

- 慎(シン。- 鹿田、筒塩、吉田。 この3人がモデル。 宮崎という男が疑われた。 しかし、慎は、今度は「俺がやった」と言った。 マスゴミは、オタクを一括りにし、 またしても、オタク叩きをした。 ネットでは厨二病のどうのこうのとか言われた。 しかし、…

あれはパロディのパロディのパロディのパロディのパロディだった。

- 慎(シン。- 真犯人だと疑われた、慎。 慎:俺ばっかり。 今回ばかりは、違うらしい。 慎:俺じゃない。 sin

塩田侑希(Yuki Shiota)

- 慎(シン。- 2003年、6月。 塩田侑希ちゃんが、 刺殺体で発見された。 彼女の周囲には、アダルトグッズが並べられていた。 彼女の体内から体液は発見されなかったものの、 彼女は、若くして、愛液にまみれて死んでいた。 sin

山田姉妹(慎が殺した、二卵性双生児の姉妹。)

- 慎(シン。- 日本では、神野と天塚に追われていた。 (調べてみたら、二卵性双生児の山田姉妹って、実在するね。) 慎:また予言してしまった。 sin

啓示刑事(ケイジ・ケイジ)

- 慎(シン。- 妻のナオを殺された刑事、トム。 彼は、シンを追っていた。 慎:とっつぁ~ん、かよ。 sin

ナオ(ミ)

- 慎(シン。- NY。 シンは、ナオを、撲殺。 金持ち美女だけど、 デメリットといえば、 シンに狙われやすい事だな。 彼は、警備なんて簡単にすり抜けるから。 (霊だからね。) 零だからだよ。 sin

霊(零)

- 慎(シン。- 好きだから殺す。 よくある話だ。 牛とか豚は、美味しい。 だから、殺す。みたいな。 彼の場合、人間にもそれが向いてる。 彼は、皇室を抹殺したが、その時は、興奮していた。 あと、総理や大統領なんかも。 暗殺していた。楽しく。明るく。 …

猋(DOGS)

・慎(Sin) 主人公。 好意と殺意の化身。 ・山田姉妹(Yamada sisters) シンを、目覚めさせた一因。 Wヒロイン。(笑)って意味で。 sin

My Name Is Michael

- 慎(シン。- (見た目は中身からだよ。 DNAは中身にあるからね。 愛も中身からだよ。DNAだよ。) 慎:サイコパスは社会で有利だよな。 と言いながら、ミカの弟のミオも絞殺した。 sin

内に秘めた好意と殺意

- 慎(シン。- 中身より、見た目。 愛より、金。 平和ボケである。 慎:・・・。 慎は、黙って、殺していた。 慎は、面食い。 その好意は、すなわち、殺意。 sin

悪運は尽きない。

- 慎(シン。- (たまたま中身が悪く生まれた、シンちゃん。 たまたま見た目が良く生まれた、栗山さん。 どちらも、運には変わりない。) ミカちゃん、見た目だけじゃなかったけどね。 生まれが良いんだよ、金持ちでさ。 ただ、甘やかされすぎる虐待を受けて…

黒口さん

- 慎(シン。- (栗山は、ネトウヨだった。) 慎:見た目だけならお前に似てたな。 (栗山さん?本当、好きねぇ、貴方ことシンちゃん。) 慎:黒ロ萌えなんだよな。 (結局、何もかも運よね。) 慎:次回もそうだろうな。 sin

シンデレる。

- 慎(シン。- 栗山の部屋は、 階段を上がって、すぐ左にあった。 開けるやつは、丸いドアノブで、鍵がかかっていた。 しかし、零した。 なので、開けれた。 慎:ちーっす。 すると、栗山が布団で寝ていた。震えていた。 慎:俺もそうやってたよ、昔は、でも…

夏の晴天の下で

- 慎(シン。- 慎は、引きこもり腐女子/栗山未華を、惨殺した。 慎:・・・。 いわゆる、引きこもり美少女キャラだった。 ハッキングとかめっちゃ得意。 アノニマスのメンバーでもあった。 慎の抜いたエロゲのイラストも、 彼女が描いたのだという。 慎(信…

※コミカルあり。

- 慎(シン。- (マイノリティをメタファーにすると、 深読みさせてしまったり、変に考察を拗らせるから、 直球勝負できるのは、やっぱ凄いよね。シンちゃんは。) 殺人性癖は、超ド変態といえばそうなんだけど、 割と、よくある設定なんだよな。 ただ、慎君…

ダークヒーローだからダークテーゼかと思ったけど、《黙(ブラックドッグ)》だしなぁ。

- 慎(シン。- 慎:・・・。 彼は、色々と、思い悩んでいた。 まあ、しょうがない。 自殺/殺人は、よくあること。 そう家族にも説いたが、理解はされないものだ。 仕方ない。どうしようもない。 彼の身内で、生まれてまもなく死んだ者や、 自ら死を選んだ者…

殺人は、殺意を抱え、殺気を放つ。

- 慎(シン。- それは、彼自身をも苛む。 それにより、彼は、心身を崩壊させていた。 その結果、心も体も死んだ。 彼の無理心中は、殺人/自殺の成就。 しかし、彼は、救われなかった。 あの世にも行けず、 この世で、呆、と。虚ろに。 sin

霊(零)

自らを零して過去に飛んだ、〝慎〟。 〝彼〟がやった事は、同級生殺し。 山田姉妹を、抹殺した。双子だった。 そして、好きな子の足を切断し、 未来ともいえる現代へと戻った。 慎:吹ぅ・・・っ。 それでも、慎は変わらなかった。 慎だけではなく、世界は、…

リコーダー

― 慎(シン。― 慎:俺より世の中は変わらないな。 これで、まんべんなく、殺せる。 慎:もう分かった、無駄だって。 sin

夢(無)

――――― 法廷。 慎:俺に殺された奴らはマヌケ。 と言うと、遺族は、憤慨した。 「お前の家族がそういう目に~」とか、聞き飽きた。 もういいって、そういうの、古いから。 慎:殺される奴はバカだよ、犯される奴もバカ。 リコの兄、リクが乗り込んできたが、警察…

モブ「虐められる奴が悪い!騙される奴が悪い!」←シンに犯されて殺されたけど、だってやられる側も悪いんでしょ?(笑)

- 慎(シン。- 誰でも良い訳じゃないから。 だから、殺人性癖を持った人間を 閉じ込めて殺し合わせるなんて。 それこそ、ディストピアに導いてる。 どんだけ自分達正義なの、あんたら。 慎:犯される奴も悪いし、殺される奴も悪いって。 (運とか?) 慎:虐…

障害者(超越者)

(シン。- 引きこもりは追い出したら働くという。 オタクからゲームを取り上げたら現実の女性と付き合うのだという。 そうだろうか?彼から感じられるのは、殺意だ。 まるでその殺意を封じ込めるように、引きこもった。 天照大神とも違うんだ。殻に閉じこも…

ムッツリっ娘

- 慎(シン。- ・・・シンは、 彼女の住むマンションに招かれた。 「はぁ・・・何やってんだろ・・・」 彼女の苗字は、陸奥理子(Riko Mutsu)というらしい。 「ムッツリじゃないからね。」 慎:リコ・・・。 「いきなり呼び捨て?さすが殺人犯。図太いわね。」 慎:い…

続きはWEBで

- 慎(シン。- 俺は誰も受け入れない以上に、誰にも受け入れられない。何にも。慎:・・・。このまま、ここに立っていよう。轢かれて死のう。あいつらの言うように、俺が生きるだけ無駄だ。そう思えてきた。俺は負けたんだ。慎:・・・。夜。涙に合わせるよ…

それは、イジメ/虐待、そのどちらにも遭わないで育った幸せな少女に訪れた。

- 慎(シン。- シンにフルボッコにされ、犯される、山田。 慎:そろそろ俺の童貞ザーメン出るから受け止めろよ。 と、歯のない彼女に、口内射精。 歯がないのは、全部シンに折られたから。 慎:出るぞっ。 「・・・」 ドクドクと、彼女の喉に出される。 彼女…

My Name Is Lucifer

- 慎(シン。- シンは、ヤマを、殺害、絶頂。 ヤマとはいっても、今山閻魔ではない。 sin

幻のエピ

- 慎(シン。- シンの彼女のスズは、 ある日、暴力的な少年少女に拉致、監禁されてしまう。 そして、彼女は、あらゆる拷問を受け、命を落とす。 彼女はシンの好みの女の子だった。 彼女は、命乞いをしなかった。 しかし、少年少女には、命乞いしたと伝えられ…

閻魔ちゃん

- 慎(シン。- (ハクティビズムとかあるじゃん。 あれって、でも犯罪だったりするわけじゃん。) 慎:正義も不義も善も悪も、表裏は一体だからな。 閻魔さんによって、 慎君が死なずに生かされている理由。 それは、その言葉にあった。 彼はおかしな点も多…

傍観者=加害者=被害者=仲裁者

- 慎(シン。- (偶然と必然。事件と事故。 それらは同時に起こる。 シンちゃんは幼くしてそれを悟ったのよ。 感覚だけど。良いも悪いも運。 運じゃないのも運。表裏一体。) だから、人助け/人殺しを両立出来る。 (正義ってのは、アレルギーみたいなものよ…

シザーズ

- 慎(シン。- シンは、チョキで去勢するか。 ハサミで去勢するか。迷った。 慎:・・・。 結果、ハサミで〝セリーナ・リース〟の女性器を。 チョキで〝瀬戸 薫〟の男性器を。 去勢した。 慎:いてて。 感情移入して、自分も痛くなった。 sin

10は未知数

- 慎(シン。- 失敗。 慎:やれやれ。 と、スナックに 小便をかけて、帰った。 簡単に潰せたが、そうしなかった。 慎:ふんっ、もういいもん。 しょうがない。 慎:・・・。 シンは、ネットを通じ、 彼女のスマホの位置を特定。 慎:見っけ。 テレパシー/テ…

猫被姫

- 慎(シン。- スナック。 慎:あの、ちょっといいですか。 (以下、擬似モブ視点。) 若い男が声をかけてきた。 こんな店に、こんな若い子が 何の用なのだろうと、思った。 慎:○○ちゃんのお母さんですよね。 それは、アタシの店の店名でもあった。 慎:○○…

勇 - YOU -

- 慎(シン。- ユウは、口を割らなかった。 慎:もういいわ、信用がないなぁ。 と、去ってく。 「悪用する気だろ。」 慎:しねぇよ。 「大谷を殺したろ。」 慎:誰だそいつ、知らねぇな。 「野球選手のだよ。」 慎:野球見る暇なんてねーよ、しょうもねぇ。 …