慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

慎:他人の理想を虚構と哂い、Twitterに晒しあげた罰だ、俺がお前という現実を潰す、報いを受けてね。

路上。

和馬「三次元最高!二次元はたかだかフィクションだぁっ!」

現神の思想に踊らされている、バカが僕に絡んで来たので

相手をしている。和馬はリアリストの一人。

リアルこそが全てだと思っている。アホンダラ。

慎「お前はヒーローじゃねぇ。モブが。

言葉で説得する事を諦めて言い訳して、

暴力したいだけじゃん。ざけんなテメェ。

それにテメエDV厨らしいじゃねーかよ、女を殴るなッッッッ」

ガッ

上条和馬「ひぎぶぁっ!?」

ドサッ

和馬「ごめんちゃああああい(号泣)」

俺「モブが。」

プップーッ。クラクションが鳴る。

僕はよけた。

和馬「ヒイイイイッ」

ゴシャーッ。

ドサッ。

和馬「・・・」死亡

慎:はは。

(俺ツエエエエエエエエエエエエエエエエエッ!!)

すると、車は止まる。

そして、そこから「恢」が出て来た。

f:id:ipreferlucifer:20140111052347j:plain

恢:乗りんしゃい。

慎:ああ。

俺は恢を洗脳している。

今の恢はリベンジャーズの犬だ。