慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

須佐 慎、吸血鬼説。(人造人狼篇)

f:id:ipreferlucifer:20150201023132j:plain

パチンッ。

慎は都会の某所で爪を弾く。

すると、柴犬(イチロー)を散歩していた

格闘家の男性(魔裟流。神林雅流。)の血管が切れる。

マサル「ウッッッ」

ブシュウウウッ。マサルの自慢の左腕から出血が止まらない。

マサル「くッそンだこれッ」

マサルはうちへ戻ろうとするが、犬が別の方角へ走り出した。

マサル「イチローッ!!」

ドーンッ。

イチローはトラックに撥ねられて死んだ。

また、トラックに乗っているオッサン(ゲン)は

血を抜かれて死んでいた。

マサル「アアアアアッイチロオオオオオッ」

すると、マサルにもドーンッ。

慎:おっとっと。

空から着地した慎はマサルに激突。

マサルは、留守の民家までブッ飛んだ。

ドンッ。ドサッ。

マサル「う・・・おおおおおォオオオオッ」

すると、マサルの頭上から何かが降ってくる。

マサル「!?」

ドーンッ。イチローの死骸だ。

だが、イチローの死骸は音速でマサルに激突。

マサルは死んだ。

なお、イチローは血を抜かれていたらしい。

マサルの血は、全て地面に染み込んでった。