神平清志と源本頼子

f:id:ipreferlucifer:20150319030132j:plain

リュウの屍骸は臭すぎる。

実家のベッドで寝ていたら、グサッと後ろから刺された

ベッド下に潜り込まれていたのだ。

盲目の忍者(伊賀毬)により。

毬(マリ)「死ぬが良いなり。」

(忍者屋敷かな?)

奴は、ズバッと、上に上げる。

すると、頭が真っ二つに。

毬「散。」

(ナルトかっ)

消えた。

が、そこに居たのは、殺されたとされる人質の

キヨシとヨリコだった。