松本智津代(ユウの母)、その夫、松本零司(ユウの父)。

f:id:ipreferlucifer:20140228032910j:plain

――――、西久留米市。住宅街。

慎は、ユウの父の仕事場へ向かった。電車で。

「暇潰し感覚。」

大工であり、何か上に登ってやってた。

慎:・・・。バンッ

バスッ。ドサッ。

ハゲ頭を撃たれ、ハゲ頭から落ちた。

慎:・・・フン。

慎は、去った。

(てか、のび太かよ)

慎:銃の才能あるかも。

すると、ユウの父がこちらに走ってくる。

零司「ウオオオオオッ」

慎:何だアイツ。ハゲが・・・反射したかよ。

気配がオカシイ。

慎:リュウか。

同時、トラックがやってくる。

「クンッ。」

すると、運転手がハンドルを横切り。

ドォオオオンッ。と、撥ね殺した。ぐちゃぐちゃの肉片化したハゲ。

慎:ハゲが。