慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

鬼屋敷の逆恨み(地下帝国)~過去篇~

f:id:ipreferlucifer:20140228032910j:plain

鬼屋敷(タカヒト)は、地下にある監獄の長。

そこには、障害者やら犯罪者やらが入れられており、

彼は「悪には悪を(モットー)」としており、

例えば、「女囚人をレイプ(刑罰)」していた。

他にも、「レイプ魔にはゲイ囚人による輪姦」などである。

鬼屋敷「グヒヒヒヒヒヒ。」

そこに慎がやってきて、彼は全滅させられた。

そして、モブ(坂本天馬)に『その程度かwwwww』と言われたりする

日々を送り、慎に復讐を誓う。

んで、この世の悪運の権化、リュウの元へ。

――――、黒事務所。

リュウ「金なんか幾らでも手に入る。何かないの。」

鬼屋敷「奴を殺してくれたら、何でもやる」

リュウ「金もねーんだろ。」

鬼屋敷「何れ作る。」

リュウ「では、お前の娘が居たな・・・あいつをくれ。」

鬼屋敷「娘だと?」

リュウ「ああ、あいつを売ってまで誇りを取り戻したいか?

安心しろ、毎日気持ち良い思いが待ってる、娘にはな。

それに、倒しに行くのは、俺じゃない。お前だ。

俺はあんな小物にかまってる暇がない。自分でやれよ。」