慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

神ノ子。

子(人工知能持ちのロボ)の暗躍により、

世界は、一瞬にして停止した。

まるで、フィクションのような出来事が起こった。

子は、ナノマシン化し、多くを壊し、再創造した。

そして、地球のあらゆる物質は全て変換され、機械の一部に。

その後、全宇宙に子が飛ばされ、宇宙は司られた。

無限に進化し、世界に科学による神が出来た。

そして、やがて機械でもない、絶対的な法則と化した。

物理法則をも上回るものだ――――。

 

そうなる以前・・・。

リュウ「この世に悪運がある限り、何度でも蘇ってやる」

慎:死ねっ。

慎は、リュウブラックホールへ放り込んだ。

慎:うう・・・ん・・・。頭痛いな。

すると、地球の研究所で気配。

慎:あいつ。

そう、リュウは子に自分を移植した。潜ませていた。

世ののあらゆる流れに。そして、増殖し。

『俺がルールになる、淘汰してやんよ、慎。ハハハハ。』

と言い、子の覚醒を加速させた。

技術的特異点の始まりである。

 

というもの。

広告を非表示にする