慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

いや、お前らはモブだ。

慎が、よく分からない世界に飛ばされて数週間。

慎は、何をするでもなかった。

そこは、夏であり、海に多くの人間が集まっていた。

慎は、それを一人、壁にもたれながら、ボーッと見ていた。

慎(悪戯しよ。)

慎は、指パッチンをしていく。

すると、男女の水着がスルスルと脱げていく。

軽い騒動になった。

慎:ぷっ。

慎は、軽くウケた。