御乳上様

慎は、他人の家の屋根の上に

布団を敷き、寝ていた。

慎:・・・。

そして、淫夢を見た・・・。

慎:まなか、つかさ、はるか、ゆうみ・・・おお・・・なかに・・・だすよ・・・。

「脳内ヤリチン」

広告を非表示にする