慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

tkmk(メモリアル)

f:id:ipreferlucifer:20140328213754j:plain

――――、慎は気が付くと

首輪を付けられ、ブリーフ一丁で

二人のカズと走って、雑談していた。

かぼちゃの馬車のようなものを引きながら。

カズナリ「いやー、君にチアキを奪われた時さー、

実は興奮しちゃってねー、たはは」

カズヤ「俺も実はお前に感情移入してたんだよー、うはははは」

慎:・・・(何だこいつら)。

どうやら、首輪には洗脳機能があるようだ。

カズナリ「でも、女王様の鞭打ちのがいいけどね」

カズヤ「ああ、ありゃ悪くていいぜ、ひゃっはー」

慎:なあ、何処に向かってんの、これ。

カズナリ「ほんとに何も知らないのね」

カズヤ「女尊男卑帝国だ」

慎:女尊男卑?

広告を非表示にする