慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

仁vs伯(俺の女になれ!?どう言い訳しようがNTRしたいだけじゃん。)

http://pds.exblog.jp/pds/1/201511/04/95/b0335295_15242228.png

黒神

堕落者(マイナスゼロ)。

慎の兄にして、弟。

・白神

超越者(プラスゼロ)。

慎や黒神の姉にして、妹。そして、伴侶・伯。

――――、須佐部屋。

慎(伯、伯ちゃん、何してんだろ、今頃。)

――――、一方(テレパシー)。

女子トイレ。

「う・・・」

「聞こえるだろ。」

全世界中の負の感情が、

伯に襲いかかる。

あらゆる絶望、怒り、悲しみ、等等。

その中には、慎のものも。

「お前はヒーローにはなれない、女だからな。

それに、現実では、弱肉強食は良い事だ。

強者が弱者を搾取・食ってやる事で、

弱者は救われる。強者の一部となる。

言わずとも、それが摂理。そして、正義。」

「それが正義なら、私は悪で良い。」

「悪が良い訳無いだろ。」

と、薙刀(弁慶から搾取した)を、伯の首に突きつける。

「俺は淘汰こそされていないが、

黒神(ボス)に服従している。ブタもな。

ボスが居なきゃ、俺らは生まれていない。

だから、こっちに来い。モブが。俺らの性奴隷にしてやんよ。」

「・・・」

ガァンッ。

「!?」

と、伯は仁に頭突きをした。

ズドォンッ、と、学園のトイレを突き破り、空へ。

「貴方は私を知らない!

貴方たちにどれだけ犯されても、

貴方たちの自己満足でしかない!私は、私よ!」

「オラッ」

仁が、ゲシッ。ピタッ。

ガンッ。

「痛ッてェなァ。分からず屋が。」

(ドッグ、ファイッ。)

sin