慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

【無力遣い(ニヒリスト)なのに、尖ってるのが良かったのに。(´・ω・`)】

http://pds.exblog.jp/pds/1/201511/04/95/b0335295_15242228.png

――――、須佐部屋。

慎は、人を殺したり、

お金を盗んだり、色々した。

けど、伯の愛によって、

そういった感情というか行動は、

抑えられた。

つまり、(丸くなった)。

(破壊ならぬ、伯の愛。)

――――、で。

ネオを UFO 化し、

ブラックホールへ突入。

『行ける。』

すると、ブラックボックス黒神部屋)に着いた。

部屋には前と違い何も無く、真っ白。

(小物はホログラムだった?触れれる系の。)

寝袋が一つだけあり、その中に黒神が居た。

【ぐかー。(u_u)】

UFOは、剣となり、慎の手元へ。

「殺すの・・・?」

慎:いや。

慎は、殺そうと思っていたが止め、

「ぬるい棒」へと変換。如意棒的な。

それで、黒神の腹に、ズドォッ。

【グハァッ。】

慎:・・・。

攻撃は、転移しなかった。

慎:起きている時は無敵だろうが、寝てる時はどうだ?。

【む、無防備(無力)・・・。】

「そうだったんだ。」

慎:そうなの。

sin