慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

【うんうん。自分が良いとも思っていない事をやるとかやれって、頭オカシイよね。ニートに働けって言うのは、脅迫罪だよね。】

https://pbs.twimg.com/media/CTy_LCZUEAA1sho.png:large

――――、黒箱(黒神の部屋ね。白箱のパロじゃない。)。

【他にも言ってる人は居ると思うけど、

飽く迄も国民には働く権利があるだけで、

それは強制じゃない。

逆に、仕事仕事で不必要な事をしている事も多々だよね、

まあ、人間は、働きすぎても死ぬし、

働かなすぎても死ぬ。人間だもの。

なんでもそう割り切れたら苦労しないけどね。

それと、化粧なんて時間や物質の無駄、

もっと概念を作ってそれに頼るなりしても良いのに。

慎君が言うように、人間にしか出来ないよ、概念オサレ。

化粧・整形の先は、DNA操作だよね。それかロボット。

金金金、仕事仕事、それでどれだけを無下にした?家庭は?

それに、ニートの言い分を全否定しても、解決には至らないよ。

彼らもまた当然であり事実、

現実に必要なのはスーパーマンでもジョーカーでもないのさ。】

慎:そうそう、モブはバカだなぁ、そんなだからさ、叩かれんのwwww。

【あ、来てたのかい。】

と、人間の頭(女児)を噛じりながら言う。

【僕は厨二病で、そして、ロリコンだからね。

あ、これは僕が殺ってないよ。オックン(オッチャン)。

あ、奥玄じゃなくて太田(大木)くんね。

てか、今時(何時か)、人間なんて老害だし、

ニートになるよ。ロボットでも。ある意味。】

sin