慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

トンキン難民

https://lh3.googleusercontent.com/-QtLZqOhOvYY/VjUcv6JN4KI/AAAAAAAAAbI/dlXP-i-QFaA/w426-h462/DSCF7668%2B%25282%2529.JPG

・慎(しん)

尖んがり坊主頭。

黒神(くろのす)

幼い頃の慎と同じ髪型。

――――、須佐部屋。

慎:すやすや。

真昼間、慎は寝ていた。

夜寝付けない体質なのだ、精神的に不安定なので。

【可愛い寝顔だ。】

と、黒神

そして、慎に跨り、寝そべる。

【君は、君のままで、良い。

ずっとこうやってニートして、

虐めっ子が勝ち組になり、虐められっ子が負け組になりがちな、

残酷なこの世間を嘲笑い、僕とすらも馴れ合う事もせず、

孤独で居てくれ。善堕ち しないで。坊主頭なのに、尖っていて。

僕は、僕だけは、君の、笑顔の裏こそ愛する。

怒り、悲しみ、負の感情・無の感情、そうだよ、慎君。

丸いのは、僕でいい。(*´д`*)】

すると、指パッチン。消えた。

慎:ん?・・・。

慎は、起き上がる。

慎:ボーッ。

sin

広告を非表示にする