慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

無修正版(本篇)

https://lh3.googleusercontent.com/-QtLZqOhOvYY/VjUcv6JN4KI/AAAAAAAAAbI/dlXP-i-QFaA/w426-h462/DSCF7668%2B%25282%2529.JPG

【『パロリング篇』・・・って、水色うぜぇよっ。(`_´)】

(伯は、シンちゃんの熱血部分の具現化にして、

女体化だと思うわけ。わけわけわけわけ。わけ。埋め。)

――――、須佐部屋。

女「ンホオオオッ」

慎:オラオラーッ。

女「女あああっ」

慎:メスガキ孕ますッッ。

女「女ちゃああんっ、ごめええんっ、

あたし、そっちの気ないのおおおっ、

童貞チンポで犯されてイキまくるメスガキなのおおおっ。」

女「女ああああっ、あたしも犯されるわああああっ。」

慎:わははwwww。

――――、太田室。

バカ女(シングルマザー)「ンホオオオッ」

「仁にフラれて哀れな女だねぇ。惨めな女だよ。ぐひひ。」

ヤッてる途中だが、ブッ殺した。

「おまえ(女子高生)はいいや。つまんないし。次。」

で、次は、グラビアアイドル。

「君はグラドルで、僕は君のファンたるキモオタ。

お似合いだね、ぐへへ。ぶひひ。

狼様が、メスブタに仕立ててあげちゃうよーん。」

(安っぽイイ)

それを、伯(天神)が視姦していた。

彼女(彼?)の目にも、「黒魔法陣」が輝く。

sin

広告を非表示にする