慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

クローン(青髪キャラは、大体目が黄色か赤か緑か紫か青。)

https://pbs.twimg.com/media/CP2FhiVU8AEVCqC.jpg:large

―――――、須佐部屋。

NINJA 兼 SAMURAI、兼。

銃遣い で、刀遣い。の、御遣い(※ホンマは、遣い魔)。

兼は、慎のクローン。

しかし、改良してあり、

慎のように障害や病気に苛まれていない。

逆に、脳みそ以外全てが機械。

攻殻機動隊だとかは脳みそは人間だったりで、

なんか生ぬるい感じがする。見た目も人間だし。)

「・・・」

兼は、ベッドの下に居た。

「・・・」

データからして、強キャラよりも、

それほど強く無い、慎より強い程度の方が、

慎にダメージを与えやすい、と、太田は踏んだのだ。

(太田~!)

慎:すやすや。

昼寝をしている、慎。

(やめろー!)

バンバンバンバンバンバンバンバン。

(手裏剣とか刀じゃないんだ。)

穴から、血や肉やら、排泄物やらが溢れてくる。

兼は、ベッドから出た。

「・・・」

最早、慎ではなく、ただの肉塊であった。

――――、数年後(5年後)。

兼は、慎と入れ替わっていた。

そして、慎の人生を慎に代行して送っていたが。

――――、零した。

慎:ふぅ。

sin