慎-SIN-

このBlogはFictionです

名前ひらがな女レイヤーは糞ビッチ。(エイ”s篇)

f:id:ipreferlucifer:20161016062856p:plain

僕のTELが鳴る。(^_^)

-----------------------、慎

ビッチvsウルフ。

僕は、チベット(発音、ベジットの訛り)に居た。

(ヤリマン自称しながら選り好みするとか、ただの甘えじゃん。)

目の前で、焼身自殺が起こっていた。

「確かにな。。。」

一方。

慎:お前は俺から逃げた、負けなんだよ普通に。

「や、ヤラせてあげるから・・・ゆ、許して・・・」

と、御子神ねこむ(コスプレイヤー)。

慎:童貞なめんな、俺は世界一の超金持ちで箱庭育ちで慈愛に溢れた遺伝子レベルで俺と相性の良い美処女のロリっ子に童貞を引き取られるんだ。。。

カッコイイっ。

慎:お前は性病、逃げるが勝ち。

「やめッ」

斬。

慎:汚ッたねぇな。。。

返り血は、弾いた。

慎:次はどの女レイヤーぶっ殺すかな。

と、スマホで検索していた。

慎:ふむ。

冷泉翔子、本多 翼、竹田夏菜。。。

慎:キメェのばっか。

慎は、二次元美少女は普通に好きだが、

三次元のレイヤーや声優には興味無いのだ。

(左江内氏、実写化するんだ。堤真一で。

ウルトラスーパーデラックスマンの方が似合いそうだけど。

まあ、私はシンちゃんマン派だけど。実に好き。)

で。

「ふむ。」

僕が駆けつけた時には、御子神さんは、死んでいた。

「御狐神ねこみ(妹)まで。。。」

僕は震えた、同時、ホッとした。

僕まで斬られたくないしな、

ほっしぃ(星乃ゑな子)は腹パンで殺されてたけど。。。

まだ、鍛え上げてる途中だし。

「自宅なう。」

と、廃墟(北海道)で。

僕は、廃墟にダンボールを持ち込み、

ソコを家としていた。

敢えて、ダンボール。毛布とかでも良い筈なのに。

不法を、無法にしてね。

エヴァのシンジ君も、野宿してたし、普通だよ。。。」

と言い、寝る。まどマギのまどかちゃんの抱き枕を抱いて。

「ぐかー。。。」

夢の内容。

や、やめろ。。。(予知夢)

すると。

慎:・・・。

慎は、寝ている僕の首に、輪をつけた、アノ首輪爆弾だ。

「ピザ。。。」

ガバっ。

「あっ!」

イムリミット、10分(だったような気がする、過去編だし)。

天大丈夫、次ぎゃる。(*´ω`*)」

でも、何時かは終わる、それまでは、楽しもう。

sin