慎-SIN-

このBlogはFictionです

慎君を、つるめ荘に引きこもらせる!

f:id:ipreferlucifer:20161016062856p:plain

- 慎(シン。-

エヴァとかもそうだけど、

何で少年少女に命懸けの戦争行かせたがるんだろう?」

慎:知るか。

「僕は虐められっ子だったから、

そういうセンスが活かされる世界観は見てる分にはまだしも、

実際には嫌だなあ。(^_^)」

慎:俺も実体はそうだけどな。

「僕の実体はホームレスだよ?ガキに絡まれるし。」

慎:俺が守ってやったろう。

(虐めっ子の方が、スペック上だもんね、大体。)

「美男美女だから生き残る、みたいなのはダメだよな!」

(読者からは叩かれそう。)

「それでもだよ。綾波レイが死んだのは正解。好きだけど。

まあ、エヴァはシンジとアスカ以外抹殺されたけど。(^_^)」

慎:SIN(うち)じゃあ、美男美女は死にがち。

(カマセ。)

斐伊川で、慎は八岐大蛇(※山田光じゃない)を斬った。

」「

バラバラ、ずぅんっ。

慎:誰だよ、マジで放ったの。

(ジンじゃないの?)

邪神(ジン)、僕らの 悪友(トモ)だ。

「ヒーローズもヴィランズも、僕が設立したけど、

今や、アノ親子の支配下さ。(^_^)」

別にいーけどね。

須佐神社と須我神社、行った?」

櫛田神社なら行ってた。)

慎:そこで休憩しよう。

僕は、スマホを見た。

f:id:ipreferlucifer:20161103232143p:plain

YouTubeは失礼な奴が多過ぎる!」

慎:気にすんな、下らねぇ

sin