読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皆の元へ

f:id:ipreferlucifer:20170128211035p:plain

- 慎(シン。-

サッカー部のエースにして、

モデル級のイケメン〝白神 晴〟の憧れる先輩、黒神 夜。

しかし、彼女は白神を子供扱いしていた。

白神は、彼女が気になり、少し後をつけてみた。

すると、普段のクールな彼女からは想像できない、

メスの顔をしていた。

他の男の前で。

彼女は、男に封筒を渡す。

んで、キスをし始める。

離す。

彼女は、目をつむったまま、気分に浸っている。

白神は、何が何だかわからなかった。

すると、男が振り向く。

慎:ふっ。

と、白神に微笑む男は、慎。

そして、ウインクをし、

再び黒神の方を向き、黒神を抱きしめる。

慎:愛してる。

「私もよ、慎。」

と、Hを始める。

「意味わかんねぇ・・・何だこれ・・・・」

と、白神は、引き返して、涙を流した。

・・・・・・

ぱこっ、ぱこっ、ぱこっ、ぱこっ♪

と、パコる。

慎:見られちゃったなあ。

「だっ、誰?」

慎:白神ってやつ。

「あっ、ああ、あの子・・・ね・・・あっ」

慎:知り合い?。

「わっ、私に告白をしてきていたわね。

でも、断ったぁっ・・・けぇぇ・・・れ、、け、、けれど。」

と、絶頂しながら。

慎:あはは、そうなんだ、動画でも送ってみる?面白そう。

「はぁ・・・はぁ・・・やめて・・・」

慎:ジョークだってば。

「私は貴方だけのモノ・・・」

どうやってこんなクールな美少女をオトしたんだろう。

慎:お前もやろうと思えば出来る。

ああ、あれね。あれ。

僕はやらないよ。

まあ、1回やったことあるけど。

しかも、寝取られた彼氏と間女への復讐に使っちゃったな。

軽蔑の意味を込めたホモ扱い受けたしなぁ。

間女は、少女漫画家だった。

以来、少女漫画が大嫌いだ。彼女の原稿を破いたし。

寝取られた彼氏は、ラノベ作家だったけど。

ハーレム物を書いてたけど、実際はホモだった。

なのに。。。

慎:俺みたいにすればそうならなかったのにな。

いや、いいんだ。仕方ないよ。

sin

広告を非表示にする