慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

正義と英雄

f:id:ipreferlucifer:20170219165435p:plain

- 慎(シン。-

バット魔は、

慎を撲殺しようとした。

「テメェはアイツを庇い過ぎだ!」

「僕にも立場があるのさ。」

僕がとめた。

「そうか、わかったぜ。」

説得し、応じられた。

しかし、彼の兄、

ソード魔が、僕の首をはねた。

僕は、頭(タマ)だけになった。

無覚醒し、彼らを消そうとしたけれど、

天使なマリアが女神なガイアとなり、2人を死人にした。

「バカ野郎。」

僕は、2人を救えなかったと後悔しつつ、微笑んだ。

「有難う、助けてくれて。」

「いいのですよ。」

無脳な頭だけになった僕を、

彼女が抱える。お胸がったけぇ。

「にひ♥」

先までの激闘が嘘みたいだ。

sin

広告を非表示にする