慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

あなたとあたし

f:id:ipreferlucifer:20170305063948j:plain

- 慎(シン。-

僕らは、くだらない構ってちゃんだった。

リアルを荒らされ、ネットを荒らした。

テレビの報道や、雑誌の記事も、荒れた。

不幸を分かち合いたかった。

しかし、有名は無名を理解できない。

言い合いにしかならない。

だから、いいんだ。

僕は世界を救わなくていい。

せめて、大事なのは、周囲だ。

遠いどっかの有名人を批判しても、無意味だと気付いた。

ただの嫉妬だと思われて終わり。

だから、慎君は、ある事をした。

恋人のいる、身近な人間たちの、愛人になった。

慎:またな。

「うん・・・」

しかし、忘れてはならない。

慎君の破綻の原因は、世界そのもの。

この世もあの世も、すべてが因果。

その因果が無実になる事はない。

彼の罪は、他の罪でもあり、

彼という罪意識こそが罰だったりする。

「今思えば、ネカマも可哀想なもんだよ。」

ちな、僕と慎君は、荒らしやクラッカーになる以前は、

ネカマに引っかかってるちょろい童貞だった。

sin

広告を非表示にする