慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

金剛寺変

f:id:ipreferlucifer:20170306002719j:plain

- 慎(シン。-

無職から住職となった、慎。

彼は、虚(ソラ)を名乗った。

「神も仏も存在しませんよね。」

と、不幸自慢が趣味の少女Xは語る。

慎:俺はスポーツやんないんだよね。

「は?」

慎:俺にとってスポーツは存在しないも同然だってこった。

「つまり、いないってこと?」

慎:ルールなんて誰も従わにゃ、ねーのと同じだ。

慎は、住職にしては、はだけた服装をしていた。

結構、ゆるいかんじ。

慎:別に信じなくてもいい。

と、去る。

「本当にお坊さんなの?」

少女は、疑問に思ったが、共感できた。

すると、虚こと慎が戻ってきた。

慎:エッチしようぜ。

「マジでお坊さんなの?」

慎:酒や煙草やギャンブルは嫌いだよ。

sin

広告を非表示にする