慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

無反重力

f:id:ipreferlucifer:20170219165435p:plain

- ゼロからイチモツ、慎(シン。-

見せかけて。

僕は、彼女の椅子になっていた。

「重いですか?」

「無重力。」

一方、慎は、

無体の股間部から無反動砲を出し、

歴史を破壊していた。

陸奥・岩倉(僕を虐めた2人)なども、正義の犠牲に。

sin

広告を非表示にする