読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚くしき姫君。

f:id:ipreferlucifer:20170308042843p:plain

- 慎(シン。-

0号室。

「服装自由だったよね。」

「あたしは同じ服ばかり着てました。」

「毎日?」

「はい。」

新事実。

「そういえば、UFOに連れ去られるの見かけたな。」

「虚舟です、あたしの実家。」

「家?」

「生まれた時からそこにいました。」

「お父さん、お母さんは?」

「そのような役割の者はいます。」

「どこにある?」

「この家の上空にありますよ、普段は透明ですけど。」

sin

広告を非表示にする