慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

素晴らしさより、凄まじさ。

f:id:ipreferlucifer:20170312184653j:plain

- 慎(シン。-

「ごくごく、すぱすぱ。」

僕はストレスが溜まると、

ビールやタバコに走る。スルメも。

普段は好きじゃないけど、たまにやるぜ。

「このっ!」

と、そこいらに、全てを放った。

翌日、それらを探していると。

僕は、ボンド(杠もちい)の焼死体を発見した。

どうやら、火事で燃え尽き、灰になったようだ。

「僕の・・・所為なのか・・・」

罪悪感に苛まれる。人としての責任感とか。

しかし、どうやら、そうでなかった。

煙草とかの落ちてる場所は、全然違う所だった。

「一体、誰が?」

sin