読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COS:SIN:TAN

f:id:ipreferlucifer:20170302234859j:plain

- 慎(シン。-

...僕が、彼らの元へ行こうとしたら、

メタトロン氏に行く手を阻まれた。

あと、ケルベロス氏はお休みっぽかった。

メタトロンちゃんは、腕から何かを撃ってきた。脚からも。

反重力による飛行が可能なら、攻撃もそうだった。

ほぼ、念動力による攻撃に似ていた。

科学と魔法を組み合わせた彼女ならではの技であり、

大ダメージを負ったのを憶えてる。

ていうか、念動力は反重力なのかな、科学に置き換えると。

エビコちゃんはいないし。

ガッ。

『単なる足止めですから。』

「あ、なんだ。」

彼女は、白ワンピを着てたが、ノーパンだった。

「僕ぁ、好きだよ、ノーパンキャラ。

ただのパンチラよりノーパンチラ派。

そういう僕だって、ブリーフだぜ。

今時いないよな、なかなか。レアだろ。見る?」

なんて、慎君ばりのギャグを飛ばすも、無関心だった。

「そらそか、僕が相手じゃあな。_(:3 」∠)_」

鬱、いや、虚。空しい。

(天より?)

まあな。

天神にさえ天体あるしな。

sin

広告を非表示にする