読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンが死刑に処された後の世界

f:id:ipreferlucifer:20170514233258j:plain

- 慎(シン。-

木村は家畜をいっぱい飼ってた。

そのどれもが、高級もの。

そして、人格者のように振舞っていた。

私にとっての豚は息子なんですよ。」

と、TVで答えていた。

しかし、実際は、息子に息子、というやつ。

「おらっこのオスブタがっ親の言う事が聞けねぇのかッ」

と、息子である豚のタカヒロを犯していた。

大らかな牧場主のもう1つの顔が、これだ。

人は、良い面ばかりじゃない。それに隠れた悪い面もある。

性悪説じゃない。ただ、悪い面もあると言ってるだけ。

(シンちゃんは、むしろ、世界に適応してたんだと思うよ。

残酷な世界で生き抜く為の術じゃないかな、カレの殺人も。

その1つだったんだと、私は思うわ。いとしのシンちゃん。。。)

君だけが、彼を愛していたんだな。

(シンちゃんも、私を好きだよ。ずっと。無限に。)

どんな都合の良い美少女キャラでも、その裏には闇がある。

彼女が慎君と無限に愛し合うのは、その闇の深さを物語る。

彼は一体、どれだけ理解されず、せず、生きて死んだか。

(シンちゃんのお父さんは嫌いだけど。)

どういうこっちゃ、お母さんじゃないのか。

(シンちゃんはファザコンだからね。)

誤解されるよ。

ジョーク、ジョーク。)

リリスさんの魅力って、結局、

無条件の恋なんだよな。

カッコイイとかカワイイじゃないんだよね。

カワイイとかよく言うけど、それが好きな理由じゃない。

その美しさ、そして、恐ろしさよ。

sin