通りすがりの魔

f:id:ipreferlucifer:20170522212102j:plain

- 慎(シン。-

その金持ちの娘さんが、

遅れてやってきた。

玄関。

「えっと、誰ですか?」

「あなたこそだれ?」

「僕は君の親戚ですよ。」

「わたしの親戚にあなたのような人はいないはずです。」

「ああ、まあ、いいです。」

と、消えた。

面倒臭くなって。

sin

広告を非表示にする