慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

髪型がボブな女の子には気をつけろ。

f:id:ipreferlucifer:20170522212102j:plain

- 慎(シン。-

俺は、TVもネットも、雑誌も、ゲームも、

メディアなんかは基本信用してないからな。

俺に影響されて、

当たり前みたいに殺していく奴や助けていく奴がいる。

何も分かってない。

俺はこうするしかなかっただけだ。

しかし、それは伝わらなかった。

「すまんが、殺す。」

「何でです?」

「もういい。」

見たところ、まだ10代。

従兄妹や妹と同じくらいか。

しかし、大人びた容姿をしてて、可愛い。

が、そこで容赦する俺じゃあない。

「君らは害悪なんだよ、俺にとって。」

すると、野太い男の声がした。

「あ、お兄ちゃんだ!」

彼女の兄がやってきた。

年齢の割におっさんみたいな顔してる。

「何してるんだ、ソウ。早く帰ってこいって言ってるだろ。」

「ちょっと、変な人がいて。」

はあ?それはお前だろ。

「どこだよ?」

霊(零)なので見えない。

「うん、でも、もういいの。帰ろう。」

「ああ。もうメシ出来てっし。」

2人は、帰ってった。

やれやれだべ。

sin