慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

アンチギフテッド

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

親父「皆同じだ。

誰にでも障害はある。

お前はそれに早く気付けただけだ。

人は誰でも平等。

弱い奴が淘汰されても、

強い奴はその後頑張り続けなきゃならない。

それが平等ってもんだ。」

というのは、虐めっ子も、

同じような事を言っていた気がする。

正論だろう。

しかし、俺は納得しない。

そういう奴だから。

それが俺の特権だ。

誰に与えられた訳でもなく、

そもそも授かっていたもの。

俺は、親父に反論した。

「俺も同じだよ。

俺が誰とか何を殺そうと

その代償として責め立てられる。

一緒じゃん。それが分からないの?」

しかし、親父は理解できなかったらしく、

仕事のストレスを俺にぶつけた。

俺が復讐心を背負い、晴らす正当性は築かれていった。

次の日、虐めっ子に「死ね」と言った。

「お前が死ね」と言われたので、「お前が死ね」と言い返した。

sin