慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

幻の最終回シリーズ

f:id:ipreferlucifer:20170707083711p:plain

- 慎(シン。-

Q:何故、愛は記憶を失ったとは言え、

実の父である慎を好きになったのですか?

A:面白いかな、と、思ったんです。

Q:もっと良い男はたくさん居る筈ですが。

A:実は、彼女は、無性愛者です。男がどうこうは関係無い。

Q:恋愛感情がないんですか?

A:ただの無性愛者ではありません、慎の娘ですからね。

Q:私は感情移入できませんでした。

A:この話は、マイノリティの為の話なんですよね。だから慎には奇形要素があるんですよ。

Q:愛ちゃんも変わってますよね。

A:彼女は、世の中のカッコイイ男性主人公がやるような事をやる女性なんです。

Q:以前、別のインタビューで、ギャルゲの逆だと仰ってましたが、どの辺がですか?

A:彼は、元は弱者男性なんです。なんだけれども我慢して頑張って英雄を演じてきた結果、おかしくなっちゃったんです。普通に考えたらこれってヒロインなんですよ。

Q:確かに。女々しいですね。

A:そうかも知れないんだけど、僕は慈悲を与えたかった。全く救いのないようにはしたくないんですよ。

Q:時代に合ったヒロイン像、というわけですね。

A:はい。今の時代でヒロインにするなら誰かって考えたら、僕にとってはどうしても弱者男性だった。

sin