慎(SIN。

虚構シリーズなどを掲載

愛は宇宙を救う

f:id:ipreferlucifer:20170820044719p:plain

- 愛(アイ。- 

娘の胸を枕にして、寝た。

すると、過去の回想のような夢を見た。

― 米軍。

「なんだ、ジャップ。」

「ハハ、チビだな。」

「ジャップ、背いくつ?」

と、2mぐらいあるレイプ米兵達が、俺を嘲る。

「175cmかな。」

すると、笑われた。

「チンコもちっせぇんじゃねぇの?w」

「肝っ玉もなw」

「金玉もだろ!w」

と、米兵Trinity。

「首が疲れるわ、しゃがめよ、お前ら。」

と、俺は命じる。

「兵士って命令されるの好きなんだろ?

マゾっ気あるな、掘ってやろうか?」

とも、付け加えた。

すると、ブチギレ米兵。

「おい、こいつ輪姦そうぜ!」

「俺ちゃん、久々におこだわwww」

オスマンコ出せや、クソガキ。(笑)」

と、俺を取り囲む。

「じゃあ、俺が。」

と、しゃがんで、ジャンプ。

しかし、3人のホワイト米兵はバスケが趣味。

俺のジャンプ力を上回り、出口を閉ざした。

「んな訳ねーじゃん、人間なんて飛び越えられるかよ。」

と言い、そのまま空へ飛んでった。

スリー米兵は、弾き飛ばされる。

「行くぜ!」

そして、俺は、上空から、地上へドーンッ。

3人を、クラッシュした。

「白米、3粒ってとこかな。」

(あや、オスプ。)

危うく、オスプレイされるとこだったって?

確かに、せっかく今日は、痔じゃないんだからな。

sin