ハロウィンやクリスマスの後は、ゴミがよく出る。

f:id:ipreferlucifer:20171029132605p:plain

- 慎(シン。-

― 小川栞。

彼女は、妃の親友。

妃ほどではないが、美少女である。

そんな彼女は現在、婦警をしていた。

「こないだ、銃が効かない女が居たの。」

と、栞が言う。

「どんな?」

「黙ってるように言われたんだけどね。」

「そうなんだ。」

妃は、知っていた。

トカゲ男やカエル男などは、召喚されたものだと。

慎が(無意識)に(無自覚)に、彼らをどこかの世界から連れてきた。

現実が、退屈だから。

sin