回想(無想)

f:id:ipreferlucifer:20171029132605p:plain

- 慎(シン。-

― 回想。

慎をボコボコにした、妃。

しかし、その全てのダメージを

彼女に、反射(転移)させた。

「因果応報。自業自得。」

彼女は、気絶した。

「感動したよ、こんなに強いなんてな。成長したな。」

と、死体からただの死体になった妃を撫でると、

彼女は無傷になった。そして、意識を取り戻す。

「また会おう。」

と、ドロンした。

― 現在。

妃は、死刑廃止をしようとは思っていない。

慎には死刑が効かないものの、

そうせざるもいない連中だって居ると思っているから。

警察や軍隊も、慎にとっては餌だが、効く相手も居るので。

「あいつは、嫌いな奴らが死刑にされなかったら、

勝手に私刑にするし。あたしたちより酷い。

彼は腕を振り下ろし、団地やマンションを潰していた。

アパートや、一軒家も。学校や会社も。

放火の方が手っ取り早いのに、わざとそうしていた。

sin