ウリエルちゃん

f:id:ipreferlucifer:20171012061046p:plain

- 慎(シン。-

― 結婚、就職。

自分が嫌悪していたもの

になってしまった。人間臭い。

それでも、僕が一緒に居るのは

相変わらず機械仕掛けの女の子。

(何れは彼女と別れるか、

それとも彼女は心神共にただの人間になるのか。

んで、葬式で焼かれるのか。)

色々と考えが巡る。

そして眠れなかった。

でも、まあ、どこでで出来る仕事だし。

いきなり真逆とか僕には無理。

(その無理を克服して、

最終的には昔の自分が

嫌悪していた存在に。。)

ゾッとする。ホラーじゃん。

(御主人様・・・御主人様・・・)

と、声がした。

「聞こえた?」

「何が?」

― その日/彼女はこないだ池松を見つけ、消し去ったらしい。

ボロボロになって帰ってきた。

(ああ、戻りたい。)

すると、僕と彼女の間に歪みが生じた。

僕は、そこに飛び込んだ。

「待って!」

― 転送。

「やっと見つけた」

と、彼女が抱きつく。僕も。

「やっと会えた・・・良かった・・・」

「どこいってたんですか?心配しましたよ!」

「いや、分からない。何が起きてたのか。」

またしても、記憶が無くなっていた。

sin