お母さん猫

f:id:ipreferlucifer:20171210120841p:plain

- 慎(シン。-

― 妹(視点)

あたしのお兄ちゃんは、

自分の飼ってる猫や祖母を

お母さんだと思い込んでいる。

かと思えば、猫を小雪だとか呼んでいたり。

たまに、祖母を小雪と呼んでいる。

猫を呼ぶみたいに。

お兄ちゃんがどういう世界観で生きてるのか分からない。

けど、ある程度なら、夢現の区別はついてるっぽい。

(何れ、あたしもお母さんだと思われるのかな。)

「お母」

(ビクッ)

「あ、咲ちゃん。

大抵、「妹ちゃん」と呼ぶのだが、

今日は珍しく「咲ちゃん」と呼んでくれた。

それあたしの名前じゃないのに。

(そういうとこも可愛いけど、、)

やっぱり、女子寮から出ようかな。

お兄ちゃん心配だしな。。

「大丈夫、心配しなくていいよ。

僕は分かってるんだ。自分がバグってるって。

でも、そのおかげで皆に見えないものが見える。」

「幽霊とか?」

「うん。それもある。」

sin