窓(枠)

f:id:ipreferlucifer:20180119101917p:plain

― しかし、

愛木さんがやってきた。

「あまり調子にのってはいけないわよ」

何故?透明になっていたのに?

「貴方が孤独なのは分かるけど使い方を間違わないように」

と、忠告されただけでそれ以上は無かった。

「え?それだけ?」

「ええ」

やはり僕は監視されているのか

「この窓・・・やっぱり・・・」

何か論じても間抜けが多すぎて敵わない

ならば行動で示す!健常者を皆殺しにするんだ。

sin