第三のイヴ。

島さんは片耳と片脚のない人形を

愛娘のように可愛がっていた

その名はイヴ