慎-SIN-

このBlogはFictionです

義足

一方で、慎は足に障害のある少女に義足をあげたりしていた

少女は、事故で足を失っていた。

「ありがとう!」と、少女。

「どういたしまして」と、微笑む、慎。